ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ダサインを終えて

10月29日(月)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:50%


ここの最大の「お祭り」は日本のお盆とお正月が一緒になったような規模で、
遠くに出稼ぎに行っている人たちも必ず実家(故郷)に帰ってくる。
従って唯一の交通機関であるバスは「屋根まで人で、てんこ盛り」の状態で走る事となり、
普段ならば警察も注意をするが、この時ばかりは「大目」にみてくれる。

IMG_0242.jpg

一般の観光客もこの時には「移動」が大変で、お祭り価格での移動となり、混み混み状態を余儀なくされる。

IMG_0247.jpg



この間、村では数年で大きくした「豚・山羊」などを解体して親戚一同との食卓に並ぶ。
この期間はネパールの文化や習慣が数々見られ、彼らの生き方が良く観察できる。

早朝6時ごろからはじまる「解体作業」は彼ら(豚・山羊)の悲鳴からスタートし、
約4時間かけて約2.5Kgに分けられ、どの部位も同じように入っているよう分けられている。

ネパールの人にとってはこのお祭りは「欠かすことの出来ない」お祭りで、
多少の借金をしてでも普段とは違う「豪勢?」な食事にお酒といった毎日が1週間ほど続く。
ミナも弟たちも17日にはラムチェ村へ帰って行った。
しかし、ミナの妹ラスミちゃんが私の食事や買い物・洗濯などをするため彼らと入れ替わりに来てくれた。

さらに、10月24日のダサインのティカの日に我が家の裏の若者20歳が結婚した。新婦は15歳。
(日本でも昔はこんな年齢で結婚したように聞いている)

IMG_0207.jpg
IMG_0205.jpg

この日は夜中の12時ごろまで女性の合唱とダンスで地酒を飲み「お祝い」するため、安らかな眠りとは程遠い。
私にも「早く来て!」と声がかかり、夜8時ごろに出かけ9時半には引き上げた。

IMG_0221.jpg



この時期、穀物の収穫・乾燥する時期でもあり、農家の庭先や屋上には乾燥のためのお米が「干され」ている。
野鳥の多いネパールでは、その干すために広げた「穀物」に野鳥が群がって食べているが人々は追い払わない。
無駄な抵抗をするより、「おなか一杯」になったら帰っていくぐらいに考えているのであろう。
日本であれば稲刈り時期には「かかし・鳴子」などで「すずめ」を追い払う作業があるが、ここでは共存?である。

さらに、野鳥にも食べ物を与える習慣がある。
お祝いの日には家の前に供物としての果物やチュラ(お米を潰して乾燥したもの)・おかずが
「葉っぱのお皿に」盛られて線香を焚き、幸せを祈るのである。(これを野良犬やカラスを含めた野鳥が食べる)

そんな考え方のネパール人ではあるが、彼らが自力で成功する確率は極めて低い。
(現在の中国ではないが、他人から奪わなければお金持ちにはなれない仕組みになっていると言っても
 過言ではない・特権階級は大富豪)
ミナやその兄弟にしても同様で、何度も就職先を探すも「賃金の安さ」で無理であった。

職はあっても間借り代・食費・交通費などを引いたら、殆ど残らないのが現在のカトマンドウ周辺の生活環境である。
家やお金のある人々は別であり、「お金がお金を生む」ネパールでは働かない人々も多い。
村から来た人たちは、親類を頼って街へ出てくるが半年もすると村へ戻って行く・・・
そんなネパールでの支援であるが・・・

原点は・・・
「人はどれだけあれば衣食足りて」と言えるのだろうか?
この物差しは極めて難しい。

しかし、考える原点は「世界がもし100人の村だったら」であろう。

一人に一台の車・一人に一台のテレビ・各自の個室・各自のPC・言いだしら限がない。
以前にも何度か掲載させていただいたが、「お金が・物(家を含む)が幾らあったら」などと言う
「物差し」は使用不可能である。
なぜなら、人はそれぞれ違う価値観を持っている。

だから「世界がもし100人の村だったら」を基準にする事ができる。
私もその中の一人である。

「恵・施し・寄付・」は個人の自由!
さらに、その支援の大きさも方法も自由である。
つまり、支援する側の「勝手」でもある。

人を助けると言う点においての究極は、三浦綾子さん著書の「塩狩峠」であろう。

自らの「命」と引き換えに「列車の脱線事故」から乗客の命を救うと言う行為は、尋常な精神では出来ない。  私には出来ないが・・・

ダサインの休み期間に、活動の原点を思い返してみた。






では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita








スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 13:38:30|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<自立とは「自力で生活」が出来ること! | ホーム | 新たな支援部落の小学生>>

コメント

チビでもwww

mBU80Ac0
全国のチビに朗報www
俺みたいなチビでもwww
需 要 っ て あ る ん で す ね !
http://J9QpN955.ua.4wfyf.com/J9QpN955/
  1. 2012/11/01(木) 04:35:51 |
  2. URL |
  3. ミクロ #iHBaejYc
  4. [ 編集]

ブサイクwww

plIJ43E4
ちょっと聞いてくれよ、昨日会った
A○B48にいそうなブサイクwww
まじブサイクwwwww
でも舐めさせるだけで金貰えたからいいはwww
http://8y9aQs95.akb4488.info/8y9aQs95/
  1. 2012/11/09(金) 02:27:29 |
  2. URL |
  3. B専 #kcwt/6lg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/158-427cb27a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード