ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「嫉妬」そのⅠ・・・活動の場合

9月20日(木)天気:雲の中 気温:20℃ 湿度:70%


今年は、雨期の雨量がトータル的に少ないためか何時になく「雨」が終わらない。
このところ毎日「しとしとぴっちゃん」と言った具合である。
毎朝雲の中での目覚め。

カトマンドウへも月に1~2回は出かけるのだが、「雨」の中の行動は「嫌」になる。
しかし、季節は確実に動いている。
時折雲間から見えるヒマラヤは、乾期が「そこまで」来ている事が分かる。


さて、今回はここでの活動や生活における「嫉妬」についてお伝えしたい。

人と生まれて、この「嫉妬」と無縁の方は少ないであろう。
全ての「格差」から生まれる「嫉妬」は「本人との関係のあるなしに関わらず」生まれ、
「なぜ?」と疑問に思う事しばしばである。

はじめに、「嫉妬」からは何も「発展」は望めないと知るべきである。

例えば「国籍」からでも「嫉妬」は生まれる。
豊かな国と貧困にあえぐ国とでは、当然生活水準が違ってくる。
また極身近な事では、「持ち物」一つでも「嫉妬」は生まれる。
まして、国籍の違う我々が山村へ行けば「とんでもない格差」を目にする。
そこでの支援活動となれば「嫉妬」は何時も付いてくる。

先般もトゥロパカル村では「キャンデーの容器」から問題が発生。
子供たちにと考え、毎回2個のBox入りキャンデーを買って子供たちや村人に配ったが
「キャンデーの容器」は二つしかない。
そこで、何時も宿泊や食事のお世話になっているミナの親戚にあたる主人に渡したのだが、これがいけなかった。

村人の一人が私にも「容器をくれ」と言って主人から奪い取った。
主人は「私のだ!」と言って「容器」を奪い返した。
その後は「口論」が延々1時間あまりも続いて「次回は持って来るから」と言う私の説得と、
先生の通訳で「渋々」引き上げた。
この「キャンデーの容器」は豆類や塩・砂糖・マサラなどを入れる容器に使っている。

これまでにも「キャンデー」は学校の校庭で配っていたが、
何時も余分に持っていくため、宿泊先まで残ったキャンデーと容器を持ち帰って、
最終的にはその家に置いてくるのが常であったが、この時は全て配りきってしまい、
問題の「容器」だけが残されたため「問題の発生」となった。
反省しきりである。

事は「容器」が欲しかっただけであるが、私たちが泊まる事だけでも「嫉妬」はあり、
(何か貰っているだろう)との憶測からの嫉妬が渦巻いているのが分かるが、
ミナの親戚と言うこともあり「我慢」していたのである。

ここで考えたいのは、
「何処に居ても格差は無くならない」
「裕福な国、日本からの支援者」
「持ち物・着ているもの全てに格差が」
こんな中で彼らの「嫉妬」から逃れる事は至難技である。

「嫉妬」から生まれるものは「嫌がらせ」である。
街ではこの種の嫌がらせは少ないが、ここサンガは山村。
でも、極端に違うレベルの生活であれば、ただ見守るだけで「嫉妬」にはならない。

例えば「王様」のような生活などは「神」と同じ「敬いの眼」でしかない。
しかし、それでは接触はあり得ない。
接触なくして活動はできない。
「嫉妬」は覚悟でやるしかない。

次は生活の場で起こる「嫉妬」をお伝えする。





季節の変わり目を知らせるヒマラヤの山々
DSCF1593.jpg
DSCF1594.jpg


遠くアンアプルナまで見せてくれたサンセット
DSCF1595.jpg
DSCF1596.jpg




では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita








スポンサーサイト
  1. 2012/09/21(金) 10:01:19|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「嫉妬」そのⅡ・・・ 生活編 | ホーム | 「無力!」そして、限りある「命」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/154-582f1c81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード