ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

一時帰国を前に・・・

6月18日(月)天気:晴れ 気温:25℃ 湿度:56%


今回は、トゥロパカルにおける2012年度前期最後のトゥロパカル訪問であった。
今期は合計6回の訪問となったが、内1回は「編み物」を教えに日本の技術者(女性)を連れての訪問であった。
彼女は「持っている技術やデザイン」をコピーされるのを嫌い「山奥での制作」を望んでいて、
我々は村に「現金」が落ちればそれでよし。
双方の思惑が一致しての「共同作業」となった。

私には技術の良し悪しもデザインも全く分からない状態でのスタートに多少の不安もあったが、
彼女のバイタリティーを見せ付けられて納得。
自分で考案したデザインと技術で、日本人の若者に好かれるデザインの「流出」をさけ、
山奥にまで持ち込む「執念」には脱帽であった。

予定の2日間はあっと言う間に過ぎ、さらに2日滞在を延ばしてのトレーニング。
最初の日には25人ほどの村人も3日目には10人になり、
その中でも「製品になる品物」を作れるのは5~6人との事。
材料と鈎針を置いて「2週間後に再度訪問」する事を告げ5日目の朝カトマンドウに向けて帰っていかれた。

その後、やはり製品の良否の問題で、さらに練習が必要となり、教育材料を追加され、
さらに2週間後点検に行かれたが、村人に幾らぐらいの収入になったのかは確認していない。

我々が2012年前期最後の訪問時には、制服・学用品・医薬品・スリッパ・リコーダー3本を
学校に支給する予定で行ったが、パトネちゃんの助言で、「私から子供へ直接」手渡す方法で配布。
「キャンデーを含めて」私だけで支給してきた。

子供たちは、それぞれの親さんが子供を助けて支給された学用品を持って家路へと戻っていった。
パトネちゃんからの話では、学校の先生がノートや鉛筆を「自分の私物」にしているとの事を耳にしたため、
こうした方法で配布したが、先生たちは「不満」の顔色を隠さず、
学校に行っていない子供たちにも学用品を配布して欲しいと言ってきたため
「それは出来ない」とはっきり「断った」が、宿泊先にまで「相談がある」と言って押しかけ、閉口したのも事実。

今は雨季。
1週間に1度くらいは顔を出す「ヒマラヤ」も「雲をまとった」姿しか見せてくれない。
こんな時期には、カトマンドウまで出かけるのは「苦痛」でもある。
傘やカッパは必需品で、どっこい忘れると大変である。
突然の雨に全身「ぐちょぐちょ」となる事は確実である。
6月17日にもカトマンドウに出かけたが、帰りには曇りやがて部分的に雨が降ってきた。
僅か1~2kmの間で降っているのである。

途中から雨の中でバスに乗り込んで来たのは、「ミシン」を担いだ男性で、
混み合っている車内へ車掌と一緒に運び込んだ。


IMG_3338.jpg

ただでさえ狭い車内はたちまち「ぎゅうぎゅう詰め」の状態。
それでも、誰も何も言わない。

ここはネパール。

帰国日程は6月26日~8月7日(日本滞在)






ネパールでの「お土産?」:今回は、私自身がお勧めの「ボテ茶」。
固めてあるため小さく見えるが400gもある。
手でほぐし、煙の出るまで「炒る」→火を消してさらに余熱で炒る。
麦茶を作る要領で「煮込む」少し濃い目に造り、お湯の状態の時に「水」を入れて濃さを調整。
ウーロン茶のような香り豊かな「チベット茶」を夏は「冷やして」冬は「熱いまま」飲んでもかまわない。

IMG_3356.jpg





では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2012/06/18(月) 16:54:10|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<「嘘」・・・ | ホーム | 貴方は「どんな選択」を・・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/148-61a37b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【一時帰国を前に・・・】

6月18日(月)天気:晴れ 気温:25℃ 湿度:56% 今回は、トゥロパカルにおける2012年度前期最後のトゥロパカル訪問であった。今期は合計6回の訪問となったが、内1回は「編み物」を教えに日本の技術者(女性)を連れての訪問であった。彼女は「持っている?...
  1. 2012/06/20(水) 10:23:04 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード