ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

生きている実感・・・・・

5月29日(火)天気:晴れ後曇り気温:28℃湿度:40%


先日、5月28日(月)にネパールで初めて「憲法が制定」された。

今回は、ここでの生活の中で感じた「生きている実感」についてお伝えしたい。
この世に生を受けて、親や兄弟の愛の中で「すくすく」と育ち社会人となるまでには
如何に多くの人々に助けられて生きて来たことだろう。

「生きる事」とは当然、それぞれ「目的」を持って「生きる」姿を言うのであるが、
ただ生きている人など誰も居ない。何らかの「目的」を持っているのである。
反面「死」も当然付いてくる。

言葉通り「生死」は「表裏一体」または「一つの線上のはじめが生で終わりが死」であり、
その間が「生きる」であろう。
言葉を換えれば、「生きる事」即ち「死」に向かって「生きる事」であることを知らねばならない。

ここでは何時も自分の「死」がすぐ隣にある臨場感があり、人の「死」を見ることも多い。
今日もカトマンドウのビルホスピタルの横をタメルに向かって歩いていたが、
30歳くらいの女性が朝から寝ていて昼ごろになって、同じ道を通ると、
急に病状が悪くなり通行人が「もうすぐ死ぬなぁ~」と言って眺めている。
お金が無いため、病院には診てもらえない。

だから「生きる喜び」を知る機会も多いと言える。
「何時か自分も」と感じるが、反面「今じゃぁなかった」と安堵する事しきりである。

先日トラックの転落事故現場を見たが、数人のネパール人が近くで動いているのが見えた。
(50mほど下の谷?)
ここでの転落事故は、決して珍しい事故ではない。
月に1~2台は「落ちる」のである。(近所で)(私の何時も乗っているバスも)

飛行機にしてもそうである。(これは年に1~2機は落ちている。)
先日5月14日には、私もよく利用している「ポカラ発ジョムソン行き」の軽飛行機(21人の乗客)が着陸に失敗。
この便にはネパール人も居るが、それよりも観光客が多い。

こうした環境の中で「生きる」のは、それなりに覚悟と自己防衛が必要であるが、
日本ではこうした自己防衛は不要な環境だけに、「慣れていない分」ある意味「不幸」でもある。
なぜなら、自然災害の場合でも「何をして良いのか分からない」人々が大多数で、
行政の指導が無ければ「立ち往生」するのは当然である。

しかし、自分の生き伸びる方法まで行政に誘導してもらわねばならない日本人は、
本当に自分で「生きている」のだろうか?
普通の動物なら「すぐ死に直結」する。

ここでは、何時でも「予測できない事故やストライキ」が発生し、
その度に最善の「どうするか」を自分で決めなければならない。
またそれらの情報を如何に早く入手するのかも、生活技術の一つである。
これが、毎日である。

天災・事故・暴動であっても同じである。
私の周りに居るミナを含めた家族とは、当然「危機意識」が違い、
彼らにとっては1~3日以内に出来れば問題ないと考えるが、
我々外国人にとっては「大変」な事で1日が「大切」である事が彼らには分からない。

生きるのは自分であり、自分の行く道は自分で決めるしかない。
日本ではその決断が出来ない人々が多く、決断した人々はすぐに行動に移すが、
出来ない人々は「立ち往生」するか、人の後からついて行くのみである。
それが正しい道かどうか分からないまま・・・

災害時の行政・政府の「救いの手」が来るまでには最低でも1週間は「自分の力」で生きるしかない。
これも出来ない人々は、残念だが「それまで」である。
もちろん、助けてくれる人がいれば良いが何時も居るとは限らない。
日常生活の中で、常に「危機管理」を考えている人々もいるが、ほんの少しである。

日本国民全員が「自分の危機管理」を考えれば、問題はない。
でもそれは無理であろう。
行政や市町村の指示を待っている人が大多数の日本では・・。

なぜ自分で自分の命が守れないのか?
なぜ戦わずして・行動もせずして「死」を待つのか?
理解できない。






添付写真は「事故現場」とルンビニーの「蓮の花」である。
心静かに観ていただきたい。
事故現場

事故現場ー1

ルンビニーの「蓮の花」




では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita











スポンサーサイト
  1. 2012/05/29(火) 21:14:26|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<貴方は「どんな選択」を・・・・・ | ホーム | 子供たちの時代に・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/146-285ccb3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【生きている実感・・・・・】

5月29日(火)天気:晴れ後曇り気温:28℃湿度:40% 先日、5月28日(月)にネパールで初めて「憲法が制定」された。今回は、ここでの生活の中で感じた「生きている実感」についてお伝えしたい。この世に生を受けて、親や兄弟の愛の中で「すくすく」と育ち社会?...
  1. 2012/05/30(水) 03:38:21 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード