ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

2011年後期~2012年前期総括

5月11日(金)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:55%


昨年9月からの総括をしたい。


【活動】

今回は子供の人数も変化せず、(39人)1年分の文房具や制服・子供服の配布と医薬品補填をしたのみで、
現行維持をしたに過ぎなかった。

自立支援に向けた活動としては、日本の「手芸販売店」を経営する女性から依頼され、
トゥロパカル村での練習に踏み切り5日間の練習の後、編み棒と材料を置いてKTMに帰った。
結果は、最初25人の練習する女性が居たが、最終的には10人ほどになり、
製品として使えるものを作れたのは6人ぐらいであった。

絨毯の工場を設置する事も調査したが、とても大きなお金が必要となる事から断念し、
2~3人の女性にやってもらおうと考えて話しを進めたが、費用対効果から断念。
理由は、約1ヶ月間の労働で1枚の絨毯を織り上げるが、その後の作業「洗浄・毛を揃える作業」は分業であり、
その技術者が居ない事も断念の要因である。

しかし、「編み物」の方はこの6人が時間を掛けて他の女性に練習させれば、
きっとそれなりの成果は出ると考えるが、ここはネパール。
あきっぽい・気の向いた時だけ、と言った性格がどこまで日本人の要求に応えられるか不安要素はある。

合計6回のトゥロパカル訪問となった。



【生活と情勢】

一方当方の個人的な部分では「歯医者」へ行った事が最大の注目点であった。(目からうろこ?)
さらに、我々の友人でもあるラムさんの妹の「サラダさん」が、
ここの元旦(4月13日)に結婚したことも付け加えておきたい。

ミナの下の弟(サロジ君)がSLCを終えて我が家に来た(今年4月から4人での生活)事も新しい環境変化である。
現在、3人が「銀杏旅館」からガレッジに通い勉強している。
ともあれ、後2人の兄弟が居る。(5人兄弟)
そのための、進路指導と準備が今後の課題でもあるが、これは容易に予測出来る範囲である。

ミナのお母さんの健康問題があるが、(彼女は5人目の出産の際、体の不調を知った:生理でもないのに出血がある)
何度か病院へ通ってはいるが、治らない。
友人である安部ドクターが、心配して病院から貰った診察結果を持ってきて見せるようにミナに言っているが、
データが何処かへ紛失。再度、病院から貰ってくるよう要請されている。

街の様子は、カトマンドウでは、各所で道路の拡張工事が実施されていて「埃っぽい事この上ない」が、
政府の改革?は市民とのコンセンサスは無く、一方的に道路の拡張工事が行われるため、
「座り込み」や「バンダ:ストライキ」が行われる結果となっている。
家も取り壊され、半分になった家があちこちに点在するのも解体する政府の都合によるもので、
半分瓦礫の中での生活を余儀なくされている。

ある日本人の経営する「風呂屋さん」などは、大家さんから半年前に「この家は息子が使うから出て行ってくれ」と
言い渡され、急遽引越しするはめになったが、そこも道路の拡張工事が行われていて
「いずれ出なければならなかった」と話されていた。

これがネパールである。

街はどんどん変化して行くのに、村では極めて「ゆっくり」としたスピードでしか変化していかない。
10年前と現在では村はそのままで、街だけが整備?されている。

人々は相変わらず「出稼ぎ」に一生懸命で、ミナの下の弟も運転免許を取って、
「出稼ぎ」に行きたい。と言っている。
確かに、学校を出てもここでは就職する企業が極めて少なく、彼の思いも分からないではない。
政治も混迷を続けており、何時正常な議会が持てるのかも不明な状態。

今期に起きた「バンダ」の発生原因は主に、
1:憲法制定における各民族間の意見の相違

2:その制定期日の遵守を求める行動

3:諸物価値上がりにおける抗議行動
 (これは、特にガソリン・プロパンなどライフラインに関するストが多い)

4:ホームレス地区における「バラック」の強制撤去に対する講義活動。
  こうした政府に抗議するバンダの他に、「交通事故」における、
  補償問題と喪に服す意味のバンダも頻繁に発生。

災害は雨季に多く、「がけ崩れ」は頻繁に発生して多くのトレッカーが閉じ込められる事も多いのもこの時期である。
先日5月5日にもポカラから西のジョムソン街道に近い場所で氷河湖が決壊して「洪水」が発生。
多くの人々が犠牲になった。

ここでの暴動やストライキは日常茶飯事で、近づかなければ問題はない。
大使館からの「注意喚起」の連絡はネットから頻繁に受信している。
今月末にはトゥロパカル村へ出向いて学用品や子供の服を置いて来るが、道路の「がけ崩れ」だけが心配でもある。

以上


今回は配信予定日より少し早くなったが、3日間のバンダのため、
何処にも動けず止む無く配信した事をお許し願いたい。








IMG_3258.jpg
この時期(5月中旬)に咲くジャカランダ


IMG_3254.jpg
日本の「藤の花」と同じころに咲く「薄紫」が美しい花






では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita








スポンサーサイト
  1. 2012/05/11(金) 21:13:13|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<子供たちの時代に・・・ | ホーム | 「知足」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/144-a0d13d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2011年後期~2012年前期総括】

5月11日(金)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:55% 昨年9月からの総括をしたい。 【活動】今回は子供の人数も変化せず、(39人)1年分の文房具や制服・子供服の配布と医薬品補填をしたのみで、現行維持をしたに過ぎなかった。自立支援に向けた活動としては、日...
  1. 2012/05/12(土) 09:39:47 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード