ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ネパールの新年(4月13日)は・・・

4月27日(金)天気:快晴 気温:26℃ 湿度:35%


ここでは(2069年)1月1日は日本の(2012年)4月13日である。
この日の新聞では、日本のような「おめでたい」記事はまったく無く、
昨年の悪い経済状態を並べ立てているに過ぎなかった。
各政党の「勢力争い」ばかりが目立ちどこの国でも同じ「私利私欲や利権」のみを追求する政党ばかりである。
国民にとって一番辛い事は、諸物価の高騰であろう。

電気・ガス・水などの必需品をはじめ、全てのものが値上がりし、収入の極めて少ない多くの国民をさらに苦しめている。
働く場所がない93%あまりの国民にとって、諸物価の値上がりは「正に地獄」である。
連日、学生や市民団体のデモや抗議行動が繰り広げられ、
カトマンドウをはじめとする都市部でのバンダ(ストライキ:道路封鎖)が頻繁に実施された。

日本大使館からは度重なるデモや抗議行動への「注意喚起」が配信され、
ここに住む日本人に対し十分な注意を呼びかけていた。
時にはローカルバス(私が何時も使うバス)にも「爆弾」が仕掛けられていて、
未然に発見できたため大事には至らなかったが、ひとつ間違えば大きな事故になることは間違いない。

田舎では、毎日使うマサラや食用油をはじめ食料品が軒並み値上がりし、日常生活に大きく影響している。
街で働く極一部の人々にとっては、さほどでもない値上がりでも、
殆ど収入の無い村人にとっては極めて大きな問題である。
街で働く一部の裕福な人々は、値上がりによってさらにお金が入ってくる「仕組み」になっていて
よりお金持ちになり、多くの村人にとっては大変な貧困が待ち受けている。

新聞の写し(添付写真)には品不足のガソリンや電気事情さらには、
プロパンガスの高騰並びに品不足と言った記事が目立ち、水不足から共同の水場に長い行列が目立つ。
バクタプルあたりの道路沿いには、プロパンガスの空のシリンダーが列を作り、多くの人々の台所を直撃している。
IMG_3216.jpg

ここのネパールルピーもインドルピーに引きずられ、高騰し、輸出入の促進に大きな足かせとなっている。
そんな中、ネパールにおける新年の行事はいっぱいあり、
バクタプルやカトマンドウ・パタンと言った街では盛大に「山車」が出て新年を祝う。

「今年こそは」と願う市民でいっぱいである。

それぞれの家庭では、普段と全く変わらない生活がある。
人々は、町のそうした行事を見物に行き「神様」に祈りを捧げるのであるが、
雑踏の中での祈りは果たして「神様」に届くのであろうか?

私には、ここの新年では全く「お正月」を感じない。
先行き極めて見通しのきかない「ネパール情勢」である。
若者の将来を本当に考えるならば、彼らの置かれた環境を改善するべきであるが、
政府や政党は全く無関心でありむしろ閉鎖的とも言える状況を作り出している。

お金持ちは永遠に「お金持ち」であり、貧乏人は何時までも「貧乏人」である世の中が続く。
日本のような「所得倍増」を図る政治家は皆無であり、私利私欲のみ横行する社会環境の打開こそ、
この国の国民を豊かにするのだが、「誰も何もしない」。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
「人は何をしたか?・何が出来たか?」と言う結果でなく、どんな「目的」で働いたかであろう。
結果は有形無形で出てくるがそれは問題ではなく、その過程こそ「宝」である。
これが私たちの活動の「信念」でもある。





カトマンドウのアッサンバザールで行われた新年の行事の様子
IMG_3069.jpg
IMG_3068.jpg

ここならでは!女性の単車に乗る姿
IMG_3074.jpg


この配信の前3日間ほど「電話線をスクールバスが切断」して交信不能となった。(バスの運転手は何も言わない)
「ばかやろう!」と怒鳴りたいが、これもネパールである。
これを書いている私の心境はと言うと、とほほ・・・である。何も出来ない自分が「かわいそう」でもある。





ネパールのお土産?:今回は、フエルト製品を紹介したい。
ヨーロッパでは今から5~6年前から流行していたが、日本にもその兆しが現れはじめ、
こちらから日本で販売するために持って行かれたフエルト製品が「瞬く間」に売れ在庫が無くなったとも聞いた。
この製品は多種多様に亘り、帽子・スリッパ・のれん?・かばん・髪飾り・腕輪・マットにタペストリーまで
ありとあらゆる物が作られている。
安いものでは30円からあり、高い物(大物)でも1200Rsほどである。


IMG_3228.jpg
IMG_3229.jpg
IMG_3226.jpg




では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita



スポンサーサイト
  1. 2012/04/25(水) 21:46:48|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「知足」 | ホーム | タルチョのリニューアル儀式>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/142-a6a93ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード