ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ネパールの「歯医者さん」

3月28日(水)天気:快晴 気温:22℃ 湿度35%


今回は、先日まで1週間ほど通った「カトマンドウの歯医者」についてお伝えしたい。

ここに来られた方ならご存知かとも思うが、タメール地区からアッサンバザールに向かう途中に
「歯の神様」が奉られている所がある。

歯の神様歯の神様


この道沿いに多くの「歯医者」が軒を連ねているのである。
間口は極めて狭く、2mほどの店で奥行きも3m程度である。
真ん中にカーテンがあり、奥に治療時の患者用のシートと若干の手術道具が並べてあるのみである。

「歯医者」-2

「歯医者」-3

停電でも少しの時間はバッテリーで「研磨機」を動かす事が出来、時間を調整しながらの商売でもある。
極めて私事ではあるが、今回歯医者に行ったのは「虫歯」の治療であった。

1週間ほど前から「痛みが激しく」なり、鎮痛剤で我慢していたが、薬に頼っていてはいけないと考え
「歯医者」に出向き、診療してもらった結果が「立派な虫歯」であった。
下あごの左右犬歯が「中が空洞」との事。
これは一大事である。
まだ神経があり、歯は生きているのである。

こうした治療はネパールでは、はじめての経験で「恐怖」そのものであった。
日本の「歯医者」でも怖いのに、ここネパールの歯医者で治療をする事になろうとは「夢」にも考えていなかった。

以前、日本の歯医者で「抜歯」する際、「今日は抜歯の日」と言う日に恐る恐る病院まで行ったが結局、
病院から逃げて来た事もあり、妻からは「何て往生際の悪い」と、散々言われた事を今でも忘れていない。
ただただ「怖い」と言う「恐怖」だけである。

その私が、事もあろうに「ネパール」でその治療をする事になったのである。
治療の当日の朝には、「神様仏様シバ様、どうかお助け下さい。」と祈っていた。(本当に祈った)

当日、午前10:00に「歯医者」に入った時には「全身が硬直」したように「硬く」なっていた。
病院に行くとすぐに「カムヒヤー」とドクターが治療椅子に座るように促した。

治療開始時、ドクターが「ドンウオリー:心配ない、全く痛くない。」と言ってくれたが、
どの程度が痛くないのか分からない。

「キュィーン」とグランダーが回転しだして「歯に触れる」感触があった。
肩の筋肉が、一瞬の内に硬くなる。
両手は、ぐっと握り締めていた。

その時、グラインダーの音に混じって、彼が「口笛」を小さく吹いているのが聞こえ
「余裕」で治療にあたっている事が伺えた。

これが、日本のようにBGMなどを流されても「緊張感」は除かれないが、医者の吹く「口笛」はいい。
心が和む事、請け合いである。
不安で仕方ない私にとって、安心を得られるのは医者の技術と何と言っても「痛くない」治療である。
終わってみると「何の事もなく」本日の治療は終了!との事。

さすが「イギリス帰り」の医者だけの事はある、と関心した次第である。
6日間で下あごの左右の犬歯2本(あごの骨にボルトで固定)の治療と
真ん中の「15年前に抜けた歯を入れる作業が完了した。

これは、抜いてそのままにして置いたため1本分の隙間が出来、両側の歯が寄ってきた状態で、
三角の「隙間」が作り出された結果、両サイドの歯にも悪影響があり、
「歯を入れた方が良い」と言われ、一緒に直るのであればと治療に踏み切った。

総経費13500Rs:15000円程度である。
1年前にも、下の奥歯5本を「金のクラウン」が外れ「セラミック」に取り替えたが2万Rs程度であった。
「歯の治療の必要な方」は是非ネパールの「歯医者さん」を紹介したい。

でも「クリニック」を見たら????かも・・・・・


「歯医者」-1




ネパールならではの「おみやげ?」:今回は「麻」に似た繊維のショールをご紹介したい。
これは、以前にもご紹介した「シスノー」と言われる「触ると痛い」葉っぱの繊維から原材料を作り出し、
「糸」にしてから「鈎針」で編むのであるが、一人で20日間ほど掛り「大変な仕事」にもかかわらず「安い」。
なぜ安いのかと言えば、原材料を作り出す工程を日本の組織(JICA)が支援していて、
ほとんど只同然の値段で手に入るからである。
もし、日本の支援が無ければ価格は今の3倍はする品物である。
手触りは一見「麻」のようであるが、「ソフト」な感じで極めて通気性が良く、「編み方が細かい」のが特徴である。
今の若者には打って付けのショールと言えよう。
大きさは幅:60cm長さ:1m50cmほどで700~1100Rs(700円~1100円)で購入出来る。


IMG_3060.jpg


では次回「ネパール通信」まで。


HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita






スポンサーサイト
  1. 2012/03/29(木) 10:00:29|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三度の「ネパールマインド」 | ホーム | やはり(野に置けレンゲソウ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/139-d2e385e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード