ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

豊かな国?「日本」

2月26日(日)天気:快晴 気温18℃ 湿度:22% (極端な乾燥状態)


今回は、ネパールから見た日本の「危機意識」についてお伝えしたい。
戦後67年、今の日本は石油と原子力の上の楼閣?で、コックやバルブを止めればたちまち崩れてしまう社会構造。

そんな不安定な土台の上に1億2500万人もの人々の生活がある。
ここでは(ネパール)日本の50~70年前の生活、山村では100年近い昔の生活を
2500万人の人々が暮らしている。

そんな中、我々の活動は「当たり前」の支援としてうけ取られている。
従って、「お礼や感謝」などと言う事は全く無いのが普通であり、むしろ「もっと・もっと」と言う声ばかりである。

物質的先進国?である日本から見れば、改善しなければならない箇所、例えばゴミ問題・エネルギー問題・
ライフライン問題などなど、言い出したら切が無い。
しかし国民は全く「無頓着」。
なぜなら、大多数の国民は諸外国を「知らない」からに他ならない。
昔の日本と同じである。

最近では「出稼ぎ」から帰国した人々によって「少しずつ」ではあるが、変化しつつある。
ゴミの無い町や整備された道路などは、彼らから見れば「なぜ?どうして?」と言った疑問であろう。
日本にはじめて「蒸気機関車」が走った時にも、似たような感覚であったろうと推察する。

ゴミがあっても何の違和感もない彼らであるが、清掃の必要性は理解していても「自分の家の中」だけのことで
あり、
道路が汚れていても「ただ鼻を押さえて」歩くだけで、何もしない。

一方、豊かさって何だろうと考えた時、まず「お金」と考える人がほとんどであろう。
本当にそうだろうか?
豪華な車や美味しい食事が果たして「豊か」なのだろうか?

仕事仕事に追われて、「280円の牛丼」を立ち食いし、家に帰って風呂に入り、寝る毎日。
こうした生活から「お金」が大切だとの考えになるとしたら、大きな間違いである。
日本は、何時からこうした生活習慣になったのだろうか?

「心楽しむものをどれだけ持っているかが文化」であり、「豊かさ」ではないだろうか?
つまり、「いい意味での遊び心」を持つことこそ「心豊か」な生活ではないだろうか?
お金は最小限でいい。(食うのに困らない程度:これには個人差があるが本当に最小限)
この「遊び心」から余裕が生まれ、「自分磨き」が出来るのではないかと考える。

お礼を言われないここでの活動は、「全て自分のため」にやっている事でもある。
以前、「ボランティアはする方の勝手」である。との投稿を受けた事があったが、正にその通りである。
「自分磨き」は自分の意思でやっている事であり、「お礼」を望んでやっている事ではない。
「諸行無常」(仏教の言葉)などは、日常茶飯事の如く「私を苦しめる」一方、多くを教えてくれている。
難問山積する日本では、こうした考えを思い浮かべる事すら忘れている方々が多いのではないだろうか?
つまりは「自分のため」と考えて行動することである。




ネパールならではの「おみやげ?」:今回は、日本でも馴染みのある「ウコン」を紹介したい。
みなさんはウコンがどんな形をしているのか、ご存知の方も少ないと思う。
このウコンは日本で言う「わさび」と同じ効用があり、つまり「殺菌作用」があるばかりか、着色料にも使われている。
薬品を使わないネパールの料理は、正に薬膳料理である。
ラーメンや焼きそばなどの麺類はもとより、ネパールの料理には欠かす事の出来ない香辛料である。
漬物の黄色い色も、このウコンで着色する。
形は生姜の大きなものに似ているが艶があり、すべすべしている。
これを薄く切り、乾燥して粉にしたものが一般に売られている「ウコン」である。
因みにネパール語で「ベーサック」と言う。
英語ではターメリック。


ウコン

ウコン


右:生姜・左:ウコン (1)

左より、ウコン・ニンンク・ショウガ



では次回「ネパール通信」まで



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita




スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 11:00:06|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホーリー(厄払いの行事?)‏ | ホーム | 現金収入への道・・・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/136-bbc2eedd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード