ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

水騒動?

11月25日(金)天気:快晴 気温:21℃ 湿度:50%


はじめに、ここネパールにおける天候不順についてお伝えしたい。
例年、今のシーズンには毎日快晴の日が続くのが本来の天気であるが、2~3日毎に曇りや雨の日が続く。
20~30年前には毎朝「霧」の中だったカトマンドウの街でも同様で、雨季が終わっていないかのようである。

先月、我が家からランタン・ゴザインクンドに出発された方も、4日目で計画を大きく変更され撤退、
アンナプルナ方面に行かれた。
しかし、何処もここも同じである。
今のシーズンは穀物の乾燥時期でもあるのだが・・・・・・

ミナもパトネちゃんも「こんな天候は初めて」と言っている。
ダサイン・ティハールが終わってから、こんなに「雨」の降るのは農業に与える影響も大きなものであろう。
お陰で電気の方は停電時間が長くならずに済んでいるのも事実である。


表題の「水騒動」であるが、ここサンガでは「山の湧き水」を生活用水の水源としていて、2インチほどのパイプで村の一番高い位置にあるタンク(3m四角程度)に入れて下の村の道路に面している数箇所の「共同水場」に送っている。
この送るバルブを開けたり閉じたりする、いわゆる管理人は村の少年の仕事で、乾季には夜の配水を止めて昼間のみとして水の確保をするのであるが、今年はまだ止められていない。
つまり、流さないとタンクが溢れてしまうからである。

そんな状態の「水環境」において、我が家では敷地内にタンクを置き、夜、誰も水を使わない時間に700リッターのタンクに満タンにし、屋上にある1500リッターのタンクに汲み上げる仕組みである。
こうしなければ、家の各所にある「蛇口」からは水を出せないのである。
(シャワー・キッチン・トイレ・洗濯機など)

しかし、この敷地内にあるタンクに「水を溜める事を止めろと」言う村人が現れ、
2回ほどミーティングが行われたが結果はまだである。

なぜ、この村人はこんな問題を提起してきたかと言えば、
以前「外灯」の設置工事に各家々で負担する工事費用に端を発したものと分かった。
彼は電気工事の仕事をしていて、この設置工事で幾らかの収入を得るつもりであった。

一般の家は200Rsで、近くで建設工事をやっている会社は2000Rs、
村に鉄塔のある電話会社も2000Rsで、当「銀杏旅館」も2000Rsの寄付を要求された。

ミナとパトネちゃんは「銀杏旅館」は個人の会社であり、2000Rsは高いと言って500~1000Rsで交渉していたが、彼らは受け付けなかった。
こうした、背景から今回の「水騒動」になったとミナが話してくれた。
つまり「いやがらせ」である。

ミナもパトネちゃんも危機感は全く無く、何時もどうり夜にパイプを接続して700リッターを満タンにしている。
でも何時かは幾らかの寄付をして、解決するのだろう。でも今ではないと言う。

「何時になったら解決するの?」と聞けば「2~3ヶ月後くらいかなぁ~」と他人事のような返事。
しかしこの夜、パンネちゃんがホースで水を汲み上げていると、村の青年2人がやって来て、
ホースを引き抜き、投げ出しているのを見つけ、口喧嘩となった。
2晩ほどこれが続くと流石のパトネちゃんも「疲れ」が出て来たとみえ、「ぐったり」としているのが分かった。

私の生活を守るために「苦労」をかけているのか、と心が痛んだ。
日本人の私には、「不安」な事この上ない。
「ここはネパールである。」と自分に言い聞かせる。


次回の「ネパール通信」は(苦渋の選択:涙の引越しを決断)を配信予定




ネパールの習慣: 今回は習慣とは違うが、ネパールにおける「必殺仕置き人」についてお伝えしたい。

ミナの親戚にマオイストのリーダーが居て、 2~3回銀杏旅館にも顔を出している。
その彼から、今回の「水問題」で、「誰が悪いのか?」との質問から、
ミナが「今度村のミーティングがあるので来てほしい」と会議への出席を要請。
彼は早朝7時には銀杏旅館に来ていて、会議の一部始終を聞いた。
その彼が、「3人の悪い考えの村人が居る 」と言って、名前を確認し、
「今週中に半殺しにするが良いか?」と聞いてきた。
ミナから通訳された私は即座に「それは困る」と言って断った。
後からミナに聞くと、2万Rs(2万円)ほどで3人の悪い人を殺す。
つい先日も銀杏旅館から30分ほど離れたアサブリと言う村で2人を殺したそうである。
人からこのニュースも聞いていた。
今回の「仕事」は、私たちには関係のない「方法」で始末するそうである。
「怖い!」の一言である。
しかし、無念のサンガからの撤退は痛恨の痛みそのものである。
多分、来年には引越しをする予定になろう。
村での生活は人間関係が極めて困難な事は分かっていたが、「景色と静けさ」を求めての決断であっただけに、残念である。


スポンサーサイト
  1. 2011/11/25(金) 15:24:28|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自立支援に取り組む! | ホーム | 今期はじめてのトゥロパカル(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/127-0eb6835c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード