ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ダサインのネパールヘ

10月10日(祝)天気:晴れ 気温:20℃ 湿度:61%


家の下まで雲の状態の中からメールしています。

KYMから日本そしてKTMへ 149
銀杏旅館からのヒマルチュリ



はじめに、ネパールに到着してから何日も経過した「ネパール通信」になった事をお詫びしたい。
ネットの環境が極めて悪い上に、ネパール最大のお祭りである「ダサインの真っ只中」であり、
ネットショップも休みで私のパソコンを直す事が出来なかったために到着の報告が遅れ、
多くのみなさんに、ご心配をお掛けした事と思うがご容赦願いたい。
ごめんなさい!

さて、9月30日午後9時40分に名古屋を発ったエディハド航空EY0889便は、
私自身はじめて使う航空会社であった。
北京経由アブダビ(サウジアラビア)行きで、搭乗手続きの際、預ける荷物が2Kgオーバーと言う事で
6000円を請求され「ドッキ!」としたが、手荷物も目いっぱい持っていたため、
仕方なく6000円を支払羽目になった。(極めて痛い)
23KgまでOKとの事で「2Kgぐらいはいいか」と甘い考えは「かわいいCAに打ちのめされた」形となった。

みなさんもご承知の通り、搭乗手続きをする女性はほとんどがその便のCA(キャビンアテンダント)である事
が多い。だから「ごまかし:手荷物を隠す」はきかないと考えた方がいい。

名古屋からの乗客のほとんどは北京で降り、名古屋からの乗客は「たった3人」であった。
もちろん、これに乗った日本人は私一人である。
入れ替わりに、中国へ出稼ぎに来たネパール人や中国人で満席になり、アブダビへと飛び立った。

KYMから日本そしてKTMへ 137
アブダビ空港出発ロビー



アブダビでの乗り換え時には、何の検査も無く乗り継ぎ便のゲート近くにある待合ロビーまで行け、
1階には免税店2階は出国ロビーとなっていたが、「喫煙ルーム」の「小さい事小さい事」
1000人程のロビーに僅か9~10人しか使えない「喫煙ルーム」である。

4時間ほどの待ち時間の間、混雑する「喫煙ルーム」に3回ほど出入りしたが、
喫煙時間は1分程度で外に待つ喫煙者と交代すると言った「忙しい喫煙」であった。
「止めればいいのに」と言われる方々が多いのは承知でこれを記載。

KYMから日本そしてKTMへ 139
大混雑の「喫煙ルーム」



アブダビ空港はアジアから来る便とヨーロッパから来る便の「ハブ空港」となっていて、
ここを経由してカトマンドウに出国する観光客や出稼ぎ帰りのネパール人(20人程度)で一杯になった。

アブダビ発カトマンドウ行きのエデハド航空EY0290便は、ほぼ満員の乗客を乗せて
現地時間10:05に離陸、ここからは日本人のCAは居なくなり、黒人とサウジアラビアの女性だけになる。

ここでお知らせしたいのは、一度アブダビまで飛んで今度はちょっと戻る感じになるこの航路は「時差」を考
える時?「おや?」っと感じる。
と言うのも、にほんを午後9:40に離陸して翌日の朝6:00に到着。
さらに10:05に離陸して午後4:15にカトマンドウに着くのである。(記載時刻は現地時間)
単純に時間の引き算をして時差を加減すればいいのだが、なかなか理解しがたい。
しかし、出発の翌日午後4:15に目的地に着いた事は、
結局19時間そこそこで着いたと理解しておいた方が言いようである。

KYMから日本そしてKTMへ 142
アブダビからカトマンドウへ



空港ではミナが一人で出迎えてくれ、タクシーに乗り込み一路サンガの「銀杏旅館」へ出発。

途中、野菜や肉などを購入して夕方4:50に「銀杏旅館」へ到着。
すぐにシャワーを使い、荷物を開ける段になるとミナとパトネちゃんが「ドカドカ!」と部屋へ上がって来て、
「私たちも手伝う」と言って「大枚6000円を支払った荷物」を開けだしたため、
二人に買ってきた「お土産」を渡して「お父さんが一人でするからいい」と言って部屋から追い出し、
すぐに「笑い」が込み上げてきた。
やはり「子供だ」。

KYMから日本そしてKTMへ 147
ヒマルチュリ




ネパールの習慣: 街はゴミの山
多くの観光客が訪れるカトマンドウや市街では、このダサインのお祭りでゴミの収集が休みになり、
狭い道路にゴミが溢れている。
そのゴミの山をバイクやタクシーが踏みつけ、ゴミで「ぐちゃぐちゃ」になった狭い通路を歩く事になる。
これは長い休み(バンダも同様)続くと同じである。





スポンサーサイト
  1. 2011/10/10(月) 13:10:20|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祭りと祭りの合間に | ホーム | 2011年9月時点の日本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/122-3979e413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード