ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

なぜこんなに、薄っぺらな人間関係?

8月13日(土)天気:雲の中後晴れ 気温:21℃ 湿度:65%


いつもここを発つ時に思う事は「異次元の世界?」からの脱出に似た思いである。

この地球には多種多様な民族が居る。
地を這って生きている人や、何億円もする豪邸に一人だけ「ぽつん」と生活している人も居る。
人は元来一人では生きられない生き物である。

例えば、お金持ちが全て整った「月」へ移住して一人で暮らせるかとなると、まず不可能である。
そこには人との会話が無いからである。

「人間関係」を無視しては生きられないのである。
なのに、現代社会においては、その「人間関係」が脅かされ、
誰一人信用出来ない社会になろうとしているのではないだろうか?
例え家族でも・・・・

これは相手が悪いわけではない。
自分自身の問題であると知るべきである。

例えば、スキーをやった事のある方ならご存知であろう。
回転する際の重心の移し変えである。
左足から右足に、右足から左足に重心移動する際の、ある種の「勇気」である。
慣れれば何の問題も無い。
しかし、心の問題となると違うと言われる方もあろうが、「勇気」が必要な事は同じである。
騙されるのでは?突き落とされるのでは?などと心配ばかりが先行して、
有意義な「人間関係」が築けないで居る。

騙されても良いではないか。
突き落とされても良いではないか。
傷ついても良いではないか。
また初めから出直せば良いではないか。
ここネパールでは何時もこの心境である。


つい先日も立派な紳士が「明日の夕方4時ごろにお邪魔する」と電話で言ってきた。
私は「OK待っています」と答えて電話を切った。
しかし翌日の午後4時を過ぎても何も連絡が無い。
2時間が4時間待っても来ない。(私も電話しない)

2~3日後に「元気ですか?」と電話が入り「元気です」と答えると、
今度は「3日後に行く:ポルシーザンツー」と言う。
今度もまた「OK待っています」と答えたが、何の連絡もないまま、また3日が過ぎた。

結果10日後、今度は「いきなり我が家」に尋ねて来た。
笑顔を作り出迎え「硬い握手」をして「マンゴーラッシー」を飲みながら話を進める。

しかし、ここではこんな事は普通である。
つまり当たり前の事なのである。
もちろん「遅れたお詫び」などあるはずも無い。

ここはネパールである。「だから決して怒らない。」
ここで「約束:プロミス」は無い事を、嫌と言うほど味わってきた。

だからここの人には「真の友人」は存在しないのである。
この事をネパール人に話した事があるが、彼らには「解らない」「友人関係」であった。

因みにネパール語で友人の事を「サティー」と言う。
ここで言う「サティー」とは正に「薄っぺらな人間関係」を意味していて、
一度話しただけでも「サティー」になり得る。

日本でもこの程度の「人間関係」なのだろうか?
親兄弟の間だけが「信頼」に値する存在なのである。

もちろん、「利害関係」は存在する。
「利害関係」しか彼らを一定の仕事の方向へ向ける事は出来ない。
彼らに「奉仕」の考えは無いのである。

ここまで言い切ると誤解があるかもしれないが、10万人いや50万人に一人くらいは、
ネパール人にも「奉仕」の精神がある事も付け加えておく。

しかし日本は違う。
まず「相手を信用」する事から、「初めて人間関係」に発展する路線に乗る事が出来るのである。
これを「相手は敵」とした考え方では良好な「人間関係」どころか諍いや口論ついには喧嘩にまでなりかねない。

具体的には、涙ながらに自分の苦境を訴え、友人が手を差し伸べてくれた事のある人はいるのか?
現代社会において「友だち」と名の付く人は数え切れないほど居ると思うが、
過去にその友だちが涙ながらに貴方・貴女に自分の苦境を訴え、
それに貴方・貴女は手を差し伸べた事がどれくらいあるのか?

仮に過去、10人の友だちに手を差し伸べ相談にのり、
考え方や進む方向を示して相手が救われた事があれば、
その内の一人は貴方・貴女の訴えを真剣に聞き、手を差伸べてくれるはずである。

でも、たった1人である。
それが「真の友人」となり得る。
それが「人生の宝」でもある。

たった一人でも「真の友人」であれば十分である。
まずは「相手の立場」で同じ物事を一緒に考える事である。


4人5人の友だちと一緒の部屋に居ても、それぞれが異なる遊びをして、会話もないまま帰って行く。
何のために集まっているのか分からない。
今の友人関係?とはこんな程度なのか?
何とも情けない限りである。

ただ、「何となく一緒にいれば安心する」程度の友だち?であれば、それは「親友」とは言わない。
「連れ:つれ」や「友だち」であって「親友」や「仲間」ではない。
それぞれが、お互いを認め合い・助け合ってこそ「親友であり、仲間」である。


では、なぜこうした「薄っぺら」な人間関係?しか出来ないのかと言えば、
「相手と一定の距離」を保っての「連れ」しか望まない風潮が現代社会にはある。
自分の苦労だけで手一杯で、他人の苦労まで干渉す余裕が無い。
これが本音であろう。

これでは「真の友人・仲間」は出来ない。寂しい限りである。
もっと相手を知るべきである。
もっと自分をさらけ出す(裸になる)べきである。
人生とは「真の友人」を見つける「旅」でもある。


今回はここに居て何時も感じている事を記載したが、まだまだ不十分であることは否めない。
今年は、ここを去る時に「愚痴」になってしまったが、許していただきたい。

次回は日本からの「ネパール通信」となる。


朝焼け前のマチャプチャレ
朝焼け前のマチャプチャレ



ネパールの習慣: 今回も割愛させていただく。



スポンサーサイト
  1. 2011/08/14(日) 17:06:33|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011年9月時点の日本 | ホーム | 2011活動総括>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/120-96588c97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード