ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

トゥロパカル村での滞在を終えて(Ⅱ)・・・

6月29日(水)天気:曇り 気温:24℃ 湿度:64%


今回は前回に引き続いて、「恵子さん」のトゥロパカル村を掲載する。


村には外国人など滅多に訪れないためか、子供たちにとっては私の存在そのものが珍しいもののようだった。
恥ずかしいけれど私に近づきたい、話しかけたいという子供たちの好奇心のおかげもあって、
基本的に皆熱心に授業を受けてくれた上に、授業時間以外でも習ったばかりの日本語を使うようになってくれた。

また、先生方も子供たち以上に熱心で、授業後に私をつかまえては一生懸命質問し、勉強していた。
日本語のみならず、英語やパソコンの使い方など、先生自身が発展途上の状態のため、
尋ねたいことが山のようにあったようで、すっかり頼られてしまった。
皆20代、30代の若い先生方であった。

私もネパール語を学びたく、お互いに教えあった。
教師の経験もなければネパール語も片言しか話せない
私の授業を、先生方が通訳してくれ、サポートしてくれた。

ネパール語と英語と日本語がミックスした、回りくどくも面白い授業風景であったと我ながら思う。
おかげさまで私のネパール語も3週間でだいぶ上達した。

ノートや鉛筆を持たずに学校に来る子やしょっちゅう欠席する子がいたり、
ちょっと難しい文だとなかなか覚えられなかったり、授業中にほかごとをして遊び始めてしまったりで、
教える立場としては挫折感を覚えたこともあった。

しかし冷静に考えたら彼らは6歳から12歳くらいのまだ小さな子供たち。
自分がその年齢の頃など、まだ英語の授業すら受けていない状態であった。
目の前の子供たちは幼い頃から公用語であるネパール語と自分たちの民族の言葉の2言語を操り、
3歳頃から英語を習い、さらに今このような低年齢で第2の外国語を勉強している。
そう考えたら尊敬の念すら芽生えてしまった。


恵子さんのカメラ 005
学校での風景



村では学校に通う児童以外にも、宿泊先の家族をはじめ多くの人々と交流を持つことができた。
なかでも、私が担当していたクラス3の6歳の男児ニラジの妹で、
まだ学校に通い始めていない3歳のニキータが、なぜか私になついた。

あるときニキータが私に「ございます」「ございます」と何度も話しかけてきた。(!?)
意味もわからず日本語を使うニキータをかわいいなぁと思うと同時に、このことは私にとってとても大きなことであった。

それが「おはようございます」のかけらなのか「ありがとうございます」のかけらなのかはわからなかったが、
これはすなわちニラジが家に帰ってから習ったばかりの日本語を家族に披露したことの証明だったからである。

得意げに家族に日本語を教えるニラジの姿を一人勝手に想像し、
中途半端かもしれないけど教えにきてよかったな、と心底思った。


恵子さんのカメラ 001
3歳のニキータ



こんな私の山村生活は、滞在期限日まで4日を残して突如終わりを迎えた。
当初6月22日からの予定だった雨期休暇の開始が1週間早まったのである。

雨期になると農作業が忙しくなり、子供たちも授業どころではなく働かねばならないそうだ。
事実、この数日欠席する子供が非常に多くなっていた。
特にクラス4、5の労働力になる年齢の子供たちの欠席は著しかった。

これが、ネパールの山村の現実なのである。
残り4日で教えようと計画していた内容は未消化のまま、少し複雑な気持ちで村を出ることになった。

「こんにちは」「ありがとう」などの基本的な挨拶、自己紹介と家族についての説明、
1から100までの数え方、その他諸々、私なりに実用度の高そうな内容を優先しながら教えた3週間。

年齢の低いクラスでは内容を変えたり絵や写真を使って教えたり、手探りの授業であった。
子供たちには少し難しすぎる内容だったかもしれないと、少し反省もある。

1ヶ月半後に雨期休暇が明けたとき、はたしてどれだけのことを覚えてくれているだろうか。
ノートを見なければ思い出せないことがほとんどかもしれない。
ノート自体がどこかへ行ってしまっているかも・・・?!

それでも次回筋田さんや他の日本人が村を訪れたとき、
誰か一人でも日本語で挨拶してくれる子供がいたら、万々歳である。
そして彼らが大きくなったとき「いつだったか日本語を学んだことがあったなぁ」と、
少しだけでも記憶に残ってくれたら幸せと、そう思っている。


雨の合間と雨が降っている様子 007我が家から見た「カトマンドウに雨が降っている様子」




ネパールの習慣:食事は「お腹がすいた時が「食べる時」学校や職場以外では
ネパール人の食事時間は「ばらばら」である。
食べるものが常にある日本とは違い、「ある時に食べる」と言う習慣が「身」についているためである。
ラムチェ村のミナや弟は「果物」など村では殆ど食べた事がなく、我が家に来て初めてである。
そんな彼らは、目に付いた「果物」はすぐに食べる。
食事時間が迫っていようが食べる。
「今食べると夕食が食べられないよ」と言っても食べる。
結果夕食は食べられず、深夜「お腹がすいた」と言ってキッチンに入り、
残った「ごはん」とおかずをキッチンの中で「しゃがんで」食べる。
これも我が家に居る間に早く直さなければと焦るが、なかなか直らないのが現実である。




スポンサーサイト
  1. 2011/06/30(木) 17:53:27|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨・・・ | ホーム | トゥロパカル村での滞在を終えて(Ⅰ)・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/115-89759fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード