ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

シバラトリーとネパール人

3月6日(日)天気:満天の星空 気温:14℃ 湿度:46%



今回はシバラトリー(シバの誕生日3月2日)に合わせて

ポカラへ出向いた。



ネパールでは毎週のように各地で「お祭り」があると言って

も過言ではない。それくらい「お祭り」が多い国である。

中でもブッダやシバの誕生日には各地で盛大なお祭りが

開催される。

特にスワイブナートやパシュパティナートではそれぞれの

神の誕生日には盛大で、前夜祭からスタートする。



3月1日にはパシュパティナートで夕方から始まった祭典?

は深夜まで及び、前の大様(キング)も姿を出し、テレビカ

メラも多く取材陣の忙しそうな動きに圧倒される。



従ってネパールのテレビジョンは殆どがこの祭典の繰り返

しであった。(3月1日のネパールテレビの夜の番組)

ガンジャを吸っている修行僧や一般の老若男女の姿がテ

レビカメラに写しだされた。

ポカラでも各所で大きな焚き火?が焚かれ、中にサトウキ

ビの長いままのものを入れ、太く膨らんだあたりで取り出し

道路に叩きつけると「パン!」と大きな音を出す。

中国の「爆竹」と同じである。

しかし、ネパールではこれだけではなくシバ神はハッシシー

が大好き?で深夜に生まれた事からロキシー(地酒)やチ

ャン(発酵酒)にガンジャ(ハッシシー)を混ぜ飲み放題で

無料ときているから、お酒の飲める人にはたまらない行事

であろう。

でも、ガンジャが入っているため一般の旅行者にはある意

味「危険」である。

多くの観光客がこの日に「ぐでんぐでん」にされ、「気が付け

ば大切な物がない」何てこともしばしばである。



お祭りはこれくらいにして、ここの人たち(ネパール人)にと

って依頼された仕事に対する経過や結果報告なるものは

一切ないとしるべきである。

例えば、「この電化器具を直してきて欲しい」と依頼したと

すると、何時までたっても何の報告も無くそのままの状態

で放置してあり、疑問に思って「修理はどうなった?」と聞

くと初めて「今技術者が居ない」との答えが返ってくるしま

つである。

何回でも同じ事の繰り返しで、日本で言うところの「ほうれ

んそう」なる考え方はない。

だから、こちらから「聞く」以外に方法はないし、「怒って」も

無駄と悟るべきである。

でも、なかなか「悟れない」のも現実であり、「いらいら」が

募ってくると「怒る」ことになるが、何も前進しない。

これがネパールマインドである。

添付写真はポカラに於けるシバラトリーの様子である。



ネパールの習慣: カトマンドウから我が家のサンガまで

はローカルバスで45分ほどであるが、最近バクタプル近

郊の道が改修されスピード制限の道路標識(30K)はあ

るが、ここぞとばかりにスピードを出す。

制限速度は看板であって「守らねばならない」と言う感覚

は全く無いと言っても過言ではない。

従って、40~60Kmほどのスピードで走るため、「怖い」

と感じる。(今まではガタガタ道をのろりのろりと動いてい

たため)

運転手は例によって音楽を「ガンガン」鳴らしながらクラク

ションを思いっきり鳴らして「そこのけ・そこのけ」って感じ

で走る。

大きな事故は今のところ起きていない。

スポンサーサイト
  1. 2011/04/30(土) 17:44:54|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<物欲と諸行無常 | ホーム | トゥロパカルⅡ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nepalnepal.blog25.fc2.com/tb.php/101-6349e029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード