ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「ネパール通信」自分の人生を「金太郎飴?」にするな!・・



「ネパール通信」自分の人生を「金太郎飴?」にするな!・・


9月14日木曜日


さて、今回は今年5月に日本に帰国して感じた
「人の生き方と考え方」について触れてみたい。


5月18日に到着して直ぐ翌19日に「KHI養成工時代の同期会」があり出席。

毎年開催されていたようであるが、
退職以降毎年7月から8月にかけて帰国していた私は欠席ばかりであった。
約半数の同期が集まったのは、幹事さんの努力であろう。
自分自身の身体の不調から出席出来ないとか、
親族の体調不良から同期会に来る余裕がないとか、理由は深刻なものばかりである。
みんな同じように年を重ねているにも関わらず、年が違って見えた。
人生も70年あまりを生きて来ると、同年の生活が気になるらしい。
それぞれに、近況報告をしたのだが「殆ど変わらない」生活をしているようだ。


地域の老人クラブでの活動であったり、
自治会やお宮の氏子代表であったりと若い頃には活発なスポーツや趣味をやっていたのだが、
それを止めて地域が準備してくれた老人のスポーツに「はまり込んで」いたり、
中には連れ合いの病からやった事もない「家事」をやる事になったりと
「何処にでもあるような老人」になりきっているのが不思議であった。


こうして日本の「老人社会」が出来ていくのであろう。
しかし、それは自分で選んだ生き方だろうか?
いや違う!
今現在、自分で選択出来る「生き方」で生きている老人など
「殆ど居ない」と言っても過言ではない。

仕方なく「生きている」のであり、過去40年から50年の集大成が今なのである。

それは40年・50年前からの「生き方考え方」が、
70歳を迎えた年寄の生き方を決めているのである。
だから、その元つまり40年・50年前の決断?が如何に大切なのかは、
若い時には理解できるはずもなく、ただ漠然と生きて来たと言うのが本音であろう。



しかし、本当にそうであろうか?
目先の事ばかりが目の前に「目標」として現れ、
先々の事まで考える余裕などあるはずもない。
人より先に出世したい!同期の中でも一番で出世したい!などなど。
何とつまらない「目標」だったのだろうか?
常に「他人は自分をどう見ているのか?」
何時も他人を意識している自分が居る事に疑問さえ持たなかった時代。


同じ線路上での生き方には、競争しか生まれない。

しかし、「違った生き方・考え方」から見れば、
そこには競争は無く単に同期の仲間だけがあり、何時でも相互扶助関係が成り立つのである。


同じ同期の仲間でも、生き方が違う仲間であれば助け合えるのである。
今から30~40年前にあった「金太郎飴」をご存知だろうか?
駄菓子屋さんで売っていたマーカーほどの太さで、
先生が学校で使ったチョーク位の長さだったと記憶している。
細長い飴であるが、何処を切っても「金太郎」の絵が出てくる飴である。
こんな「飴」の人生では面白くも何とも無い。
みんな個性的な人生を作る方が「楽しい」のではないだろうか?

誰も進まない道は先が見えないため、敬遠して進まない。

だから「金太郎飴」が生まれる。
誰の人生?
人が通った道でなく、誰も歩かない自分の道を切り開くべきである。

このことを、これからの若者に伝えたい。


社会や会社組織は「金太郎飴」の方が使いやすい?

果たしてそうだろうか?

それでは、画期的な開発など思いもよらない。

つまりは企業の発展はないと考える。
考え方そのものが問題なのである。


8月中旬に入り、妻から同期の一人S氏が先日「癌」で亡くなられたので、

これから「お通夜」行ってくるとのメールを受けた。
この5月の同期会で幹事をやってくれていた彼は日本酒を飲んでいたが、
飲みながら「実は今、癌なんだ」と言っていた事を思い出していた。
既に捨て身の心境なのかどうかは定かではない。

あれから僅か3ヶ月である。
しかし、今にして思えば5月の段階で末期だったのかもしれない。
ただただ空しい思いである。
いずれは死であるが・・・・
死は何時でも「突然」起こる。
これを忘れて生きている自分が居る。

ここで言える事は、「誰が選択した訳でもなく、自分が選んだ生き方」である事。

この事をしっかり認識しなければならない。



添付写真は「幸せの青い鳥」である。

IMG_2299.jpg


井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。


では次回「ネパール通信」まで


HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/
スポンサーサイト
  1. 2017/09/14(木) 21:46:07|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ネパール通信」絵美先生の教員体験談②


「ネパール通信」絵美先生の教員体験談②

9月4日(月)



今回は去る8月1日から8月5日までの日程で
ラムチェ村の中学校で日本語の先生をやって下さった
「絵美先生」のスリーサルソティー中学校での教員体験の報告の2回目の配信です。
原稿は全て原文のままとさせていただきます。



私が学んだ大切なこと②

小河原 絵美



来年の話をすると鬼が笑う?いえいえ、筋田さんは喜んでくれるでしょう!
私は来年の夏、子どもを連れてネパールへ行きます。これはもう決定しました!
子どもは来年高校1年生です。私が日本語の授業を行い、
彼には小学生に絵の書き方やぬり絵など図工を担当してもらいます。
今回私が体験したネパールでのことは、全て子どもと共有しました。
ラムチェ村での生活は半分アウトドアでしたし、都会っ子のわが子はどうかな?と思いながら、
来年一緒に行ってみる?と聞くと、即答「行く。」でした。
驚きです!理由は、新しい発見がしたいとのことでした。
私がネパールに行っていた2週間、おばあちゃんとの2人生活、
どうだったかな~と心配もしていましたが、少し大人になったようです。

子離れがなかなかできない私ですが、程よい距離感で息子と一緒に
ラムチェ村プロジェクトができること、とても嬉しく感じます。
1年かけて計画的に進めたいと思います。



ポカラでの体験もお話したいです。
パラグライダーやトレッキング、ラフティングなどのアクティビティができるということで
欧米からの方がたくさんいる観光地です。
ヒマラヤへの入口としても有名で、私も来年はトレッキングがしたいなぁと。

しかし、それよりもポカラでは大きな出会いがありました。
それはハリオカルカ緑の家ハンセン病療養所へ見学に連れって行ってもらったことです。
敷地内を歩いていると、中庭で子ども達とその親御さんがシートに座って何かプログラムを受けている様子でした。
ちょうどいらっしゃったこの施設の所長であるカルキグルンさんが説明してくださいました。
身体の一部に欠損があり義足や義手をつけている子ども、
病気による変形などで歩行器が必要な子ども、発達の遅れでがある子どもなど、
10人くらいの子ども達が先生と一緒に訓練をしたりマッサージを受けたりしていました。
遠くからこのプログラムを受けに来ている親子が多く、
先生から訓練の方法を学ぶことで、家に帰ってからも続けることができます。
私の勤務する小学校でも専門の先生が、週に一度同じような訓練をしきます。

しかしネパールの通常の学校は日本とは違うようです。
歩けないと学校に通えない、そして学べない。
盲学校や聾学校などの支援学校はあります。

しかし通常の学校には支援学級がどうやらなさそうです。
カルキグルン所長は「今行なっているこの活動が、この子達の未来を変える」と何度もおっしゃっていました。
ただ資金面で困難を抱えており、2018年に支援金が終わり、
このままではプログラムを続けることができないようです。あの子ども達は訓練をがんばっていました。
そうすることで学校に通うことができ、多くのチャンスを掴むことができます。
未来は開けていきます。私はあの子ども達の今を逃してはいけないと感じています。
自分にできることは何だろう、考えています。



筋田さんには、誰かのために何かをしたい時の心構えを教えていただきました。
「自分がその人の為に何かをして、
その人がハッピーと感じたなら、それを見た自分の脳もハッピーと感じる」
つまり、相手もハッピー自分もハッピーです。難しいことは何もありません。

また「支援」や「ボランティア」という言葉を筋田さんは使いません。「ソーシャルワーク」です。
何かをしてあげる」のではなく「自分は相手から学ばせてもらっている」このスタンスで活動されています。
自分一人で気持ちよくなってはいけない、常にお互いが気持ちよい状態であること。
WinWinの関係であること。相手と同じ目線に立って考えること。
考え方を学ぶことができました。本当にありがとうございます!



日本に帰って来てから、やはり情報量が多くいろいろなことが目に映り、迷ってしまいます。
そんな時はサウンドボール(お仏壇に置いてあるチーンと鳴らす鐘のような形で、
木の棒で外側をなぞり続けると、ウィーンと音が出る瞑想ツール)を使って、
自分の頭の中を一度空っぽにし、自分にとって何が大切か、
自分と対話をする時間を時々持つようにしています。

時間は刻々と進んでいきます。今この時を大切に、自分の思いに正直に。
そして20年後の自分のイメージを描いて、1年後、2年後にマイルストーンを置く。
理想はたくさんあります。そして難しいことや知らないことばかりです。
ただなりたい自分になれるように、学び続けます!

私の新たなチャレンジは始まったばかりです。

IMG_②-1
IMG_②-3
IMG_②-2
IMG_②-4




では次回「ネパール通信」まで



HPのご案内


http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita

  1. 2017/09/04(月) 22:59:12|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード