ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

「ネパール通信」ネパール人のプライドはエベレスト級

「ネパール通信」ネパール人のプライドはエベレスト級


5月15日(月)天気:曇り 気温:23℃ 湿度:50%


明日の選挙を控え、静まり返った今期最後のネパールからの通信である。
今回はちょっと思考を変えて、ネパール人と付き合うまたは一緒に生活する上で、
必ず「ぶち当たる」彼らのプライドについて触れてみたい。
ここでは男女を問わず非常に高いプライドで生活している民族であり、自分が中心の生活である。


例えば、銀杏旅館のあるサンガ村では常時応急処置の薬を持っている当方は、
村の「藪医者」代わりに考えていて、近所の奥さんが皮膚病(たむし)のようなもので
「痒くて」たまらないから薬を持っていたら処置をして欲しい旨の連絡があり、
皮膚病の万能薬を持って家に入ると、奥さんと旦那さんが家の真ん中に座って待っていた。

薄暗く、患部が良く見えないためヘッドランプで照らしながら
彼女が指差している場所(首筋あたり)を良く見てみようと、肩に手を置いて頭を押した形になったその時、
「ドンタッチ」とかなり大きな声で叫んだ。
当方も「びっくり」して、思わず手を離した事がある。
軟膏を「綿棒に付けて」渡して自分で塗るように言い渡して逃げるように帰って来たが、どうにも腹の虫がおさまらない。
これは、男性が女性に触るのは夫婦間だけで、
他人が見ている前で触れる事はタブーとされているからであるが、
「ではどうして患部を見ればいいのだ!」となるが、特に旦那さんが見ている前でだった事が
彼女に「ドンタッチ」と言わせたらしいとは、後からミナが教えてくれた。



また、以前カトマンドウのあるレストランでの出来事である。
日本人の白いひげを生やされた初老の男性と、
いかにもネパールの役人風の男性がお酒を飲みながらはなしているのが聞こえた。
内容はネパールの「新年からカトマンドウ市内では無闇に警笛を鳴らしてはいけない、
鳴らせば罰金刑が待っている」と言うのであるが、これは当方も知っていた。
しかし、日本人の男性は「これはなかなか守れないでしょう!」と息巻いておられたので、
当方が「いやいや違います。この条例は必ず守られますよ」なぜなら、罰金刑があるからです。
そこで、ネパールの男性が「罰金刑があるから守るのか!」と言って憤慨していました。
私は「そうですよ、ネパールばかりでなく何処の国でも罰金刑が大きな抑止力になっているのです。」


すると、ネパール人はさらに怒りを露にして、
「日本人でも悪い交通ルール違反者はたくさん居る」と言ってさらに食って掛かって来た。
これ以上この人たちに関わったら大変と、「ごめんなさい!」と謝り、店を後にした。
考えてみれば当方が謝るのは変でもあったが、あの場から立ち去るためにはそれしか思いつかなかったのも事実であった。
ネパール人のプライドは「つまらない」ところで威力を発揮するものだと感じた場面でもあった。


添付写真は天気のいい時に撮影したヒマラヤとサンライズである。

IMG_2204_20170516070952de8.jpg
IMG_2202.jpg


井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。


では次回「ネパール通信」まで

HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita
スポンサーサイト
  1. 2017/05/16(火) 07:10:48|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ネパール通信」2016年から17年の活動総括

「ネパール通信」2016年から17年の活動総括



5月6日(土)天気:曇り 気温:28℃ 湿度:33%

この通信が今年度ネパールからの最後になる。



今回は、5月の帰国に先立ちこの10ヶ月あまりの活動の総括をしたい。



昨年8月にネパール入りしてから、はじめに手がけたのはラムチェ村の子供たちの支援活動である。
27人の児童は日本に帰国する前に決めておいたため、容易に活動が進められた。


14年前に活動を始めた最初の村であった事もあり、村人からの協力で
活動の優先順位も楽に決定できた事は幸いあった。
当時の校長も健在で小学校の先生をやっていて、「お互いに良い年をとった」事と再会を喜んだ。
「もう何処へも行かないで欲しい」との要請に、
「これだけの被災状況では此処だけでもやりきれない」と伝えた。


中でも、多くの日本の支援団体を「ラムチェ村」へ案内出来たことは、
コテージでの生活を「貧しいながらも快適に」暮らすためには不可欠であった。
毎年決まって来てくださる多くの支援団体には、いくら感謝しても仕切れない。

さらに、個人的な支援の方も居て、「聾唖」に近い子供の教育支援を申し出てくださり、
年間2ヶ月間ほど共に生活支援をして下さっている方(若き女子学生)にも頭の下がる思いである。
ラムチェ村でのモデルハウス建設では、多くのみなさんのご支援により
「ほぼ完成」が近く、多くの村人にも見てもらい、
政府の推奨される「掲示板」に描かれたモデルハウスよりも「頑丈」なものが出来上がっている。


震災の現場でもある、ラムチェ村への支援を兼ねた「学び」の目的で、
多くの学生さんたちにもきていただけた事は、これからの復興をより早くする原動力となることは間違いない。
今後、多くの支援団体のみなさんに使っていただき、ラムチェ村の支援の「拠点」となるべく努めたい。



一方、今月行われる選挙では、今までの中央集権的な政治から、
地方への権限移行を含めた選挙となり、地方が力を持つ時代になる。
昨年作った「新憲法」の施行も、この選挙終了後実施されるのである。

多くの「新しい政策制度」が一挙に実施されることになるが、
前倒しで多くの規制も実施されて来て、先進国なみの制度に近づく準備がなされている。


例えば、カトマンドウ市内では無闇に警笛を鳴らしてはいけない。(罰金)
や歩行者の道路の横断は「横断歩道」以外禁止。(罰金)などなど。
考えてみれば至極当然の制度であるが、山奥の村人には???な制度で、
「おのぼりさん」などには、全く分からない制度でもある。


しかし、少しづつ改革が進んで居る事は良い事であろう。
今年度の活動全般に対して、「良」の評価をしている。
自分自身の評価である。


これから、大きく変わろうとしているネパールでの支援活動も、
必然的に新しい形の支援活動が必要になることは否めない。

しかし、私の考え方が間違っているとは思わない。


添付写真は活動現場でのいろいろである。

IMG_2304.jpg
IMG_2302.jpg
IMG_2298.jpg
IMG_2192_20170506115353239.jpg
IMG_2189.jpg
IMG_2175.jpg
IMG_2174.jpg
IMG_2173.jpg
IMG_2130_20170506115346063.jpg


井戸の外からとネパールの習慣は当面割愛させていただきたい。


では次回「ネパール通信」まで



HPのご案内

http://gifu-nepal.jimdo.com/

Ichyo Group Sujita
  1. 2017/05/06(土) 11:56:48|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード