ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

人の試練なのか?

10月23日(水)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:55%

          ヒマラヤ全開!



今回は、ここ数週間「悩んで」きた「欲」についてお伝えしたい。
人の持つ幾つかの「欲」。
全て「持って逝けない」物ばかりである。
さらに、その欲を満たすために多くの「敵」と戦わなくてはならない事も考えた。

ブッダの教えの中で、七つの敵と言う「苦しみ」があるが、
全ての人間の持つ「敵」つまりは、病気・飢え・裏切り・嫉妬・欲・老衰・死、
これらの持つ「苦しみ」は現代社会の人々を「精神的・肉体的」に「拷問」し続けている。

では、なぜこれらの苦しみを持って生まれてきたのだろう?
神から与えられた「試練」?
これらの苦しみから逃れるためには、「裸」の自分であり、
決して自分や他人を「傷つける事無く」正しく生きる事であろう。
(嘘はつかない!)

「今自分のやっている事は・・・
この自然にとってあらゆる生きものにとって大事な事か?」
仏教の教えの中にもこうした「自分を問う」言葉があるが、
今の自分が本当にこれに「当てはまるのだろうか?」
無理である。
それほどの「行い」をしていないばかりか、
「欲」をも捨てきれない自分が「大きな部分」を占めている今、「宇宙を考えた考え方」など
「出来るはずもない」と無視しようと思えば出来る事である。
しかし、一部でもいい「自分を問う」事が出来れば・・・と考え、もう一度「宇宙」を考えてみる。

この地球の生物、つまり全ての生命体とは「微生物からはじまり、巨大な動植物に至るまで」全てである。
これは、それぞれに「役割があり全生命体のバランス」の中にあるとの考え方である。
見方を変えて、それぞれの生命体にその「生きる意味」があるのである。
物凄い数の微生物の一つひとつに「生きる意味」があるのである。
人間社会と同じように「一生懸命」生きて、生活しているのである。

人生に疲れて「生きている目的」を見失った。と嘆いている方々の多い昨今、
もし貴方が・貴女が居なかったら必ず困る人が居る・植物が居る・微生物や動物が居る事を忘れない事である。
同じ重さの「命」である事も・・・

今、私たちの「やっている支援」とは本当に「あらゆる生き物にとって大事」な事なのだろうか?
いや「違う」これは単に「自己満足」でしかない!
これは、「人にとって」のみ「大事」であり、多くの生き物にとっては「何の意味」もない。
では如何にすれば「あらゆる生き物」にとって大事なことになるのだろうか?
生き物は全てが「何かを食べて・排泄して」生きている。
植物も動物も微生物も同じである。

では、全てに関係しているものは何か?
それは「土と空気と水と太陽」であろう。
生き物にとって、「土と空気と水と太陽」は無くてはならない「糧」を与えてくれる
「自然界の給食センター」のようなものであろう。
海や川に住む魚介類や海藻にしても、「土と空気と水と太陽」の給食センターから(上流の川から)運ばれる
「栄養分」が生命線である。

その「土や空気や水や太陽」が今大変な状態になっている事は周知の通りで、
汚染や栄養不足で「作物」が貧弱なものしか採れない状況が続いているだけでなく、
餓死する人さえ居る現代社会。
一方では肥満に苦しむ人々???
大気汚染も然り、それが引いては「海」と言う大きな「ゴミ箱」に至るのだから・・・

「飲み水」などは世界中で「奪い合い」が続いている。
他ならぬ日本や韓国・中国では深刻な状態、さらにアメリカなどでは完全な商業化により
「遺伝子組み換え」の施された種子が殆どである。
そうした種子による食物が現在の世界の食糧の大半であることも知っていただきたい。

では、「土」を如何にすればこうした食糧事情を改善できるのだろうか?
利権に追いつく改善方法が見つかるとは思えない。
しかし「見つけなくては!」
それは・・・
「土」の改善(自然の力による)しかない!
「土」の持つ元の「力」を取り戻すのである。
人の数より遥かに多い微生物の「力」を借りるより他にない。

極めて微力ではあるが、少しずつ改善に向けた取り組みを始めている現状であるが、まだまだ先は長い。
前記のような「地球」の状況は決して長くは続かない。
何処かで「必ず終わりが」来る。
誰も予測出来ない「地球で生きる終わりの日」は自分たちで「引き寄せて」いるのである。

少しでも遅らせる事ができるのは「今までのやり方」を変える事だろう。
今までの生活形態を、質素に変える事に他ならない。
でも誰も出来ない。
「流されるがまま」の生き方は、自滅の道である。
「救いがあるとすれば」、誰からでもいい・・
一人ひとりが「自分で生き方を変える」事を考え実行すれば・・
あるいは戻せるかもしれない・・・

世界のバランスが大きく狂い始めている今、何時何処で戦争や略奪が起こっても不思議ではない。
戦争を起こそうと、虎視眈々と伺っている国は幾つもある。
バランスが悪すぎるのである。
戦争や略奪ではバランスは決して良くならないばかりか、より深刻な状況を作り出すだけである。

今回は、自分の考え方の整理を含めて記載させていただいたため、「愚痴っぽく」なった事をお許し願いたい。



別件報告:
現在、日本の子供たちとネパールの山奥(メールダラ村)で暮らす子供たちとの、
スカイプ交信の準備を進めている。
上手く交信出来るようになれば、定期的な文化交流も実現できると考えている。
(これは名古屋大須ロータリーのみなさんの提案で試験交信をするまでに至った。)






最近タメルに開店した日本人オーナーの「たこ焼き屋」IMG_1748.jpg


銀杏旅館へ来られた日本のお客様IMG_1747.jpg





では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







スポンサーサイト
  1. 2013/10/23(水) 12:15:18|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、一人の命が逝く【番外編】

10月22日(火)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:60%


今回は、ここネパールにおける「命」についてお伝えしたい。
以前にもお伝えしたが、ここネパールにおける「命の値段」は極めて安い。

今朝8:30ごろ(10月22日)もカトマンドウの病院「ビルホスピタル」の歩道に
一人の男性が横たわっていた。

カトマンドウでの仕事を終え帰路に着こうと病院の横を通ると、今朝は歩道に寝かされていた男性が、
道路に移されて寝ていた。(12:30ごろ)
大勢の通行人が「覗いて」いるだけで、何も出来ない。

2~3分見ていたが、持っていた小銭を横たわる男性のポケットに入れてあげた。
すると4~5人のネパール人も10~20Rsをポケットに入れだした。

警官が来て「病院の歩道へ移せ」と言ったが、「さっき病院の人がここに移した」と言うと、
警官は「もう長くない、このままでいい。」と言って去っていった。

その直後、ちょっと「痙攣」したかと見ていると「ガック」と首が倒れ亡くなった。
お金の無い病人の家族が、病院の歩道へ置いて行ったようである。
とても一人では歩ける状態ではない病人である。

命ってなんだろう?

人の死ってなんだろう?

大きな出来事でもないのだろうか?




今朝のビルホスピタル前の様子IMG_1749.jpg
IMG_1750.jpg





では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







  1. 2013/10/22(火) 18:46:08|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェンス&水道工事の報告

10月13日(日)天気:快晴 気温:22℃ 湿度:55%


今回は10月6日から来られたベルギーの仲間、ニック&カーレン(Niek & karen)と7日から出かけ、
工事が順調に遂行されているか?(ニックはトムクルーズに酷似)何時完成するのか?
などを調査と出来具合が目的であった。

午前7時15分予定の時刻にタクシーに乗り込み、バネパに出発。
しかし、ダサイン(ネパール最大のお祭り)が近づいているため、
カトマンドウから東へ向かうどのバスも「満員」で屋根にも人が一杯の状態であった。

2~3台のバスをやり過ごし、近くで客待ちをしていたタクシーのドライバーに
「スクテまで幾らか?」と尋ねると「3000Rsでいいよ」と言う。
途中で昼食も一緒に食べさせるから安くしてくれ!」と言っても「駄目!」と言ってきかない。
仕方なく3000Rsを支払う事でパトネちゃんに話をしてもらい「いざ出発!」
本来なら170Rs/一人の行程だが、バスの席が確保出来なければ仕方がない。

途中、昼食に「魚のフライ」が食べられる食堂?へ立ち寄り昼食後15分ほどでスクテ到着。
早速、対岸で待っている「牛乳運搬用トラック」へ吊り橋を渡って移動。

IMG_1654.jpg

ニック&カーレンは、私が「何処に座る?」と聞くと驚くことに「勿論荷台!」と答えさっさと乗り込んだ。
昨年のフランソワーズから「大変だよ」と言う事はきいているはずなのに・・・
若い二人ならではの選択である。


IMG_1656.jpg
IMG_1657.jpg

途中の道は1年前よりは多少「良くはなった?」が、それでも仮設の椅子に安定して座っていることなど、
出来る道路ではない。

1時間後メールダラの学校の上部に到着。
トラックから降りて先生たちの待っている学校を見ると、
14~5人の子供たちと先生が作ったばかりのフェンスの中でラインを作って待っているのが見えた。
既にダサインの休みに入っているはずの学校の子供たちだが、
3分の1程度の子供たちは学校で待っていてくれたのが何とも嬉しい。

IMG_1660.jpg
IMG_1663.jpg
IMG_1667.jpg

食器や寝袋の入ったダッフルバッグを先生たちが運んでくれて
「何時ものウエルカム儀式」である「花輪」を受け取り宿泊する部屋(教室)へ入る。
その後フェンスと水道工事の進捗状況を自分の目で確認し、
最後に完成までの必要経費や工事期間について説明を受け部屋に戻った。

IMG_1674.jpg
IMG_1671.jpg

ニック&カーレンは子供たちと村の散策に出かけたが、
私は「ごろん」と転がり「昼寝」を1時間ほどした後、
今期「新しく支援する子供」の制服や文房具・薬の在庫などを先生から聞き、
パトネちゃんに発注するよう依頼。
今期からは村に「テーラー」が出来てスクテやカリチョールまで行かなく出来るのが楽であった。

そこへ、先生が「牛乳は飲む?」と聞いてきたので、すかさず「飲む」と答えると
「今から絞って来る」30分ほど待っていてくれとの事。

再度「昼寝」をしていると「すじた!ミルク!」と声が聞こえ教室?から降りて行くと
「大きななべ」に3ℓほどのミルク(水牛)を沸かして持ってきて待っていた。

早速ラバーのカップ(幼児用カップ)で受け取り3杯ほどお代わりをして
「ダンネバード」と言って部屋に戻った。
しかし、これを飲んだのが午後4時近く。
午後6時には夕食のダルバートであるが、このままでは食べられないとフェンスの工事現場を見て回ったが、
それでもお腹は空かない。

仕方なく、村の散策にでかけたニック&カーレンに会いに村へ出掛けるが、姿は見えない。
「何処に入り込んだのか」分からないので、
カーストの低い家に入るため「道路の上部」にある家まで登って行った。
でもこの時期と時間では家に誰もいない。
一応、玄関?には「扉が針金でくくってある」程度で留守であった。

再び学校に戻り、数人の子供に「二人の外国人は何処へ行った?」と聞くと
一人が「一緒に探しに行く?」と聞いたのでどうするか迷ったあげく
「まぁいいか」と考え「行かない」と答えて止めにした。

すると数分もしない内に、二人が戻ってきて「とっても楽しかった!」と喜びながら
「何か牛乳の腐ったような飲み物を飲んできた」と言って話をしてくれた。
ここでは、ヨーグトを作る過程でできる「一部凝固」した飲み物を保存して飲んでいるため、
それを飲まされてきたらしい。
二人が「下痢は大丈夫か?」と聞いてきたが「問題ない」と答えたが、
ちょっと心配になり「もしお腹が痛くなったら教えてください」と言って
私が「下痢止め」を持っている事を伝えた。

ここの子供たちは、外国人に慣れていないにも関わらず、
極めてフレンドリーな対応でニック&カーレンも驚いていた。

そんなころ、パトネちゃんが夕食の準備に掛かり
「おとうさん、今日は野菜だけのダルバートだよ」と言ってきたので
「村で卵でも買ってきたら?」と言ったが「村には卵はない」
ここでは「ひよこ」にするので卵は「スクテまで下りないと買えないよ」との事。
でも美味しく作るから大丈夫と作り始めた。

ニック&カーレンは村人が食べている「ディロ」と言う
「とうもろこしの粉を熱湯で練った」彼らの主食が食べたいと言い出して、
早速先生に少し貰えないかと相談し、入手する事となったが
「作るのに時間がかかり」予定の夕食には30分ほど遅れて完成した。

でもこの時すでに外では村人が、我々の食事の終わるのを「今かいまか」と待っているのを目にして
ニック&カーレンに「外を見てごらん」と言うと「何で?」と答えたが
彼らの目にしたものは数十人の老若男女が、我々の部屋の外でまっていたのである。
「どうして?」と私に聞くニック&カーレンに「食事後の運動だよ」と言って説明すると
「あんなに沢山の人が、ここに入ってくるのか?」と驚いていた。

食事の後、実際に待ち受けていた村人が入って来たときにはさすがにサプライズ!
でも一緒にダンスに引っ張り出されて踊っている彼らは、結構楽しそうであった。

午後9時ごろには先生が「そろそろゲストが寝る時間だから」と言うと「しぶしぶ解散」し、
真っ暗な山道を帰っていった。

翌日の朝彼らが言うのには、あんなに人が入ったら部屋の床が抜けるのではと心配したそうである。
(私も本当に心配)

朝食のお茶と果物・ブスケットを食べ、牛乳のトラックを待つこと10分。
先生が今日は「新しい道が完成」したのでその道を降りて行く、
だからセレモニーの場所まで少し歩いて欲しいとの事。

10分ほど歩いて「道路の開通式」の場所に来ると既に沢山の村人がトラックを飾ったり、
線香を車に付けたりとセレモニーの準備が進められていた。

準備も終わり「いざ出発!」となったが、5~6人の男性がトラックの後ろに「ぶらさがり」動き出した???
いいのか~と思っていたら、5分もしない内にトラックは停止???
どうした?
車の後ろに「ぶらさっがって」いた男性たちが、今度は車の前方へ回って道路の石をどけながら道を作っていた。
「ぶら下がって」いた男性たちは「道路整備」の人たちであったのだとやっと理解出来た。

IMG_1707.jpg
IMG_1714.jpg
IMG_1716.jpg

ニューハイウエイの完成に喜んだのは「ぬか喜び?」初めての車が通るための「試走」であった。
ドジャーが通っただけの道には、大きな岩や木の根っこが「ごろごろ」していて、
日本の「高速道路の開通式」を考えていた私には「だってここはネパールだもん」の言葉がよぎった。




IMG_1697.jpg
IMG_1733.jpg





では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita










  1. 2013/10/13(日) 08:37:29|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飽食と飢餓の起こる仕組み・・・

10月4日(金)天気:霧雨 気温:20℃ 湿度:68%


はじめに、今回の「制憲議会選挙実施を阻止」するための
「ネパールバンダ」(ストライキ)について記載したい。

未だ憲法の出来ていないネパールでは「憲法の制定」が急がれるのだが、
多くの民族間の利権がらみの争いが表面化して、なかなか制定されないまま現在に至る。

では、なぜその制定を拒むストライキが実施されるのかと言えばこれまた「出来レース」同様、
作られる憲法が多くの民族を納得させられる内容になっていないためでもある。
どこの国でも「利権」が問題となり、前に進まないのが現実である。

そのため、11月11日~20日の間全ての交通機関がストップする事となり、
旅行者にとっては「泣きたい」事態となっている。
それがネパールである。

加えて、インドの圧力(エネルギーや食料品の高騰)に対するストライキも10月3日に予定されていて、
インドのNOプレートを付けた車は「燃やす」とまでエスカレートしている。
弱い国ネパールを目の当たりにして、一体どうなるのかさえ分からないのが今の国情である。



さて今回は、今の日本が抱える食糧自給率の問題について提起したい。
現在、地球上で1日に4~5万人もの人々が飢餓で命を落としている現実をお伝えし、
日本の「飽食」に少しでもブレーキが掛かれば幸いである。

年間24億トン生産されている穀物は、世界中の人が生きていくのに必要な量のおよそ2倍。
しかし日本を含む先進国では、穀物の半分以上(約4億トン)を牛、豚、鶏などの家畜の飼料として使っており、
結果として世界に2割足らずの先進国に住む私たちは、世界中の穀物の半分以上を消費して生きている。

私たち日本人の場合、穀物の自給率は僅か28%。
私たちの食べている穀物の4分の3が海外(アメリカ・オーストラリア・カナダ・中国)から来ている。
これは穀物に限ったことではない。
私たちが食べている食糧のカロリーを基にした自給率は39%。6割以上を輸入に依存していることになる。

ず~っと以前、NHKの番組で日本の「輸入食料ゼロの日」と言う番組があり、
食糧輸入が途絶した場合1年後には3000万人が餓死すると試算している。
当時1976年ごろには自給率50%以上だったのが、現在はさらに下がり、
人口も増えてきているため。輸入がゼロになれば、それ以上の餓死者がでるのは確実である。

ではなぜ有り余る穀物が不足するのだろうか?
それは食肉のための穀物飼料である。
先進国全体の穀物の6割が、家畜のえさとなり消えている。
牛肉1K作るのに穀物11K、豚肉1Kには穀物7K、鶏1Kには穀物4Kが必要。
日本の家畜のエサは年間1948万トン、人間1億人分の穀物である。

さらなる悲劇は、大きな自然破壊である。
森林を伐採して「大豆畑」を作り、田畑を掘り起こして「養殖池」を作り、
野菜、果物を生産するために、水や養分が必要となる。

貧しい輸出国(ブラジル・アフリカ・東南アジア)は
輸出穀物や野菜・果物を生産するため自国民の水や土の養分をも輸出し、資源をも売っている事になる。
これが「有り余る穀物が無くなる理由」である。

今、出来る事は何か?

飽食や必要以上の消費をしている私たちの生活を見直す事が重要。
まず、食べる量を(例えば1割)減らしたら?
無駄な買い物、肉食、食べ残しを減らしたら?
国産品、無農薬の農作物を選んだら?
輸入品や季節外れの食品(ハウスの果物・野菜など)は避けたら?

糖尿病のもう一つの呼び名、それは「贅沢病」でる。
この人数の多い国ほど「余分な栄養」を摂り続けている事になる。
便利で快適な生活は食糧問題だけでなく様々な問題を引き起こしている。
その最たるものがエネルギーであろう。

TPPを推し進める日本政府は「一体どんな着地点」を目指しているのだろうか?
個々で出来ることなど「たかが知れている」と後ろを向かないで、
今の自分に何が出来るのか?をそれぞれが行動する時期ではないのだろうか?

第一次産業の復活とさらなる改良(農薬を使わない方法)が望まれている。
最近ここネパールに来た日本の若者の中にも「有機農業」を長野県で実践している男女と会う機会があり、
ここでの農業を観に来たと言っていた。
こうした若者が「どんどん」増え、新たな商品(野菜や穀物)を社会に出してほしいと願って止まない。

ここネパールでは、収穫率は悪いが農薬などは高価で買えないため、殆どが堆肥で賄われている。
しかし、収穫率には打つ手はある!
食糧の自給率向上のカギとなるのが、「第一次産業」つまり「百姓:農業」である。

もっと自然に近づいた生き方を・・・
このままでは、必ず「食糧危機」がやってくる!
世界中を見ても紛争や争いを目に、耳にするが
「日本には売らないと言う時期」が迫っている事を自覚していただきたい。

特に重要な、近隣諸国の関係を見てもその懸念は歴然である。
輸出国民さえ口にしない食品を、日本人は食べなければならない現実を分かっていただきたい。
食の安全?などと他人事のような事態でない事を、食べ物が無くなる事を。

ここネパールから昨今の日本を見ていると、「日本の憂い」を思わない日はない。
少し愚痴っぽくなったが許していただきたい。








ポカラのフェワレイク、バックにアンナプルナ山群IMG_0474.jpg




では次回「ネパール通信」まで。



HPのご案内
http://gifu-nepal.jimdo.com/
Ichyo Group Sujita







  1. 2013/10/04(金) 12:53:53|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード