ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

なぜ「クライアント」なのか?‏

12月10日(木)天気:快晴(朝は雲の上)気温:12℃湿度:65%



12月5日の深夜に我々のマネージャーが帰国された。

今回はムクチナートへの「旅」をバスで移動し、かなりタイトな日程

にもかかわらず、多くの収穫を得ての帰国であった。



今回はここでボランティア活動する多くの外国人を、ネパール人はど

う見ているのかを調査・考察した結果を報告したい。



ちょっと嫌になる結果が出てきて愕然としたが、現実は現実として受

け止めなければ、ここでの活動はできないと考えお伝えすることとし

た。

ネパール人の間では、我々ソーシャルワーカーを「クライアント」と

呼び、自分の村へ連れて行く事が自分にとっても村にとっても大きな

発展につながる事から、先を争って「クライアント」の獲得を目指し

ている。

この呼び方は我々を「侮辱」していると感じている方々も多いはず。

もちろん、直接我々に「クライアント」とは言わないが、我々を外し

た場所ではこの言葉が飛び交っている。

情けないが現実である。

まともな仕事が少ないここネパールでは、この仕事は美味しい仕事の

一つで結構インテリが(学卒者)多い。

なぜなら、外国人と直接折衝して獲得しなければならないこの仕事は、

英語やスペイン語・日本語で巧みに近づき、相手に好意を持たせるこ

とが必要なだけに、語学力のない多くのネパール人にはちょっと無理で

ある。

この言葉にはお客さんとか依頼人と言った意味であるが、なぜ我々が

お客さんなのか、なぜ依頼人なのかは、彼らの接触後の行動を見れば

理解できる。

我々の持ってくる寄付金を如何に自分の懐に入れるかが、彼らの仕事

だからである。

こうした考え方を知るのは、活動が始まってから2~3年後早ければ1

年後には本性を現す。

多くのボランティアの人たちが、彼らの仕打ちに泣いているのも事実で

ある。

私的財産をも投げ打っての活動で、こんな仕打ちに会うと二度と立ち上

がれないないばかりか、ネパールを憎む人も多数である。

これも貧困から来る考え方なのだろうか?

それでも、なぜかネパールに訪れるのはなぜだろう?

こんな国だからこそ「自分みがき」が出来ると考え、来ネされるのだろ

うか?

「やってやる」「施している」などの考えは捨てなければ、ここでの活動

は長続きしない。

問題のない「支援活動」はない。

時間のないボランティアの人々は1~2ヶ月で帰国しなければならず、

彼らのこうした考え方を知る由も無い。

しかし、後年再び訪れると大きく違った方向に進み、本来の目的とは

違っているのが殆どである。

これを彼らにさせないために、ここに滞在しての活動が始まった。



ネパールの習慣:今回から「ネパール通信」で一つずつお知らせ

していく。

左手:ネパール人に限らずインド・バングラ・パキスタン・アフガンと

言った国々では左手は「不浄な手」としている。

なぜなら、トイレには紙はなく、水桶があるだけで後は何もない。

用を済ませたら、その水と左手で洗い流すのがこれらの国の習慣でも

ある。

もちろん、旅行者や外国人には無理な習慣だけに、一般のホテルには

日本と同じような「トイレットペーパー」が設置されているが、支援先

の村々には無い。トイレすら無いのが普通である。

ではどうするのか?

添付写真はトゥロパカルの小学校での歓迎風景

では次回「ネパール通信」まで

231654676.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/12/10(木) 10:21:19|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード