ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

ネパールいろいろ 第2話‏

4月25日(土)天気:快晴 気温:22℃ 湿度:28%



前回に引き続き、日本では考えられないここでの出来事についてお知らせしたい。


☆食器は全てに使う。

多くの食器(大きさ・形・材質の違うもの)があるが、

ネパールの人たちの使い方は、どれも一緒である。

中には、洗濯に使う洗面器も作った料理を入れる器にしてしまう。

はじめは、かなり抵抗があったが今では慣れた?

日本から持っていった「おわん」もいろいろな使い方をする。

牛乳を入れたり、塩や砂糖、中には部屋のゴミや土まで入れる。

日本ではたとえ使った食器でも、その中にゴミを入れる事はない。

中には、「痰」まで吐く始末。

ここの女性がよく髪を染めるが、その染色材料まで入れる。

後始末が大変である。


☆やはり、日本は美食である。

ネパールでは食事の種類が極めて少ない。

一般的にはダルバートと言われる「ご飯と穀物スープ、それに野菜の煮たものが付き、

ネパールカレー」にアツァールと言われるここの漬物を添えていただく。

肉類はトッピングスタイルが普通。

しかし、この料理全てが出てくるのは町の生活だけで、山村では2品くらいが普通である。

この他には、「とうもろこし」の粉をお湯で練ったツァンパやコドと言われる

地酒の原料から作ったツァンパなど極めて質素な食事である。

たまには、鶏や卵・水牛の肉もあるが、

殆どは油であげてマサラで味を付けた、代わり映えのしない食材になってしまう。


☆宗教の国ではあるが、「だます・嘘」は日常茶飯。

信仰心が厚いにもかかわらず、人のものは自分の物・騙すのは悪ではない

嘘は一般的な会話から重要な会話まで、全てに「嘘」がある。

政治家・銀行・企業・商店は全て嘘のかたまりと考えても過言ではない。

日本でも然りかな?

如何にお金を手に入れるか、これだけである。


☆賃金の「未払い」は普通?

通常、物を買う時などは先にお金を支払うが、ここでは逆である。

物を手にしてから支払う。

もし、先にお金を支払った場合には物が手に入らない場合もある。

小さな買い物はいいが、家具やセメント・砂・砂利・レンガなどを

買う場合必ず要求した日程には届かない。

お金はもう貰えないからだ。

お金を受け取れるから、持ってくる。

使用人に給料を支払う事は極めて少ない。

大きな店や銀行なら支払われるが小さな店や食堂では、

何らかの理由を付けて払わない工夫をするのが普通。

働いた人は「食べて・寝る」事が出来れば「まずはOK」であり、

その余分に給料が貰えればもっと良い。程度の考え方である。


☆トイレは「大地」が通常?

一般的にトイレは無い。と考えた方がいい。

なぜなら、ここの人たちのトイレは大地そのものだからである。

山村ではトイレが無いのが普通で、町でも物陰で用を足す人が多い。

大都会の店ではトイレはあるが、必ず「鍵」が掛けられていて誰でも自由には使えない。

公衆トイレもあるが、「有料」である。最低5Rsは支払う事になる。


☆都市・山村のかかわらず川はゴミ処理場

ここを旅した方なら「川にどうしてこんなにゴミが多いのか?」

と言った疑問を持たれた方も多い。

ここネパールには焼却設備などあるはずもなく、川が唯一の消却?

設備?である。

雨季になれば水が川下にゴミを運んでくれる。行き先は遠くインドまで?

乾季に来る観光客は、その川に溜まったゴミを見て驚く。

雨季には、濁流のように大きな川の流れになり、インド洋まで運んで行く。

ここで、ゴミを処分しようとすると「捨てる」か「焼くか」以外に方法はない。


☆女性の腕時計はアクセサリー?

ある日、バスの中で女性から「今、何時?」(カティボジェ?)と聞かれた。

自分の時計を見ながら10時です。(ダースボェ)と答えて、

ふと彼女の腕を見ると時計がキラキラと光っていた。

そこで、「なぜ自分の時計があるのに聞くのか?」と聞いたら、

彼女が腕を差し出し動いていない時計を見せてくれた。

時間を聞く人は、必ず女性が圧倒的に多いのも事実である。

添付写真は「今年もジャカランダとマンゴーの季節がやって来た」

では次回「ネパール通信」まで



DSCF0467.jpg
スポンサーサイト
  1. 2009/04/27(月) 23:41:40|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

状況報告‏

現在の「新銀杏旅館」建設状況を画像でお知らせします。 

ベルギーのフランソワーズさんたちも見にきてくれました。

チキンファームの画像は近日中に送ります。

DSCF0426.jpg


DSCF0429.jpg
  1. 2009/04/15(水) 15:13:46|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールいろいろ!第一話‏

4月14日(火)天気:快晴 気温:20℃ 湿度:40%

今日はネパール暦2066年の新年である。

従って、添付写真は新年用の写真を添付した。



約1ヶ月ぶりの「ネパール通信」である。

極めて個人的な仕事(家づくり)のため長い間休ませていただいた。

今回は、今までに体験した事やその現場に居合わせた事、

特に日本では考えられない事を中心にお伝えしたい。


☆お金持ちは貧乏な人を助けない。

この話は、多くのボランティアの方々から耳にする。

なぜなら、偉いお坊さんや銀行のオーナー果ては

会社の社長と言ったネパール人から「私の村を助けてほしい」との話が多いからである。

自分のお金を使わず、外国の支援に頼る考えはず~と以前からであるが、

宗教的にも法律?にも「お金持ちは、貧乏な人を助けなさい」と定めているし、教えている。

しかし彼らは「助けない」なぜ?私には分からない。


☆男尊女卑があからさま。

10歳~14歳位の女の子が売られる事は「貧困」故の考え方なのか?

それとも平然と「お金」のために家畜を売買するように売られるのか?

騙されたり、脅されたりしての売買は人類の最も卑劣な行為であり、許せない!

識字率の低さからくる問題だけは解決したいものである。

そのためにも、「ネパールの子供たち全員が、

義務教育だけは卒業できる」ような環境に少しでも近づけたいとの思いから、この支援活動を始めた。

家の中でも主人は絶対的権限を持っているが、女性(奥さん)は持っていない。

食事の時でも主人の帰りを遅くまで待っているのが通常である。小さい子供も同様。



☆ 親切の裏には。 

多くの外国人は「ネパール人は親切です」「とても良くしてくれました」との話を聞く。

しかし、1~2ヶ月のここでの生活では彼らの「本音」は分からない。

殆どの場合、自らの意思で多くの礼金を支払い帰国する。

これが、彼らの狙いある。

中には良いネパール人もいるが、極まれである。


☆子供は宝?

政府は産児制限を呼びかけているものの、都会と山村の考え方には大きな隔たりがあり、

子供は家の重要な働き手と考える山村では、とても産児制限などしてはいられない。

むしろ、子供の出来ない妻は捨てられて新たに妻を持つ習慣が普通である。

私たちの支援しているラムチェ村でも多くの2人妻を持つ家庭を見かける。


☆日本の常識はネパールの非常識。

日本をはじめ、多くの外国の考え方とは全く異なる「ネパールマインド」は、

外国人の我々にはとても理解できるものではない。

例えば、仕事中に飲む酒は普通であり、呑みすぎて働けない男性も多く見かける。

しかしそれを咎める事はない。

時間にしても会議や集会などは、集まった時が開始時間である。

これでは会議の内容も遅々として進まないのが普通であり、ここの常識でもある。


☆日本語を勉強したがるネパール人

世界各国からのODAを受けているネパールでは、

ダントツに支援金の多い日本に行きたがるネパール人が多い。

さらに、日本人と体形や顔が良く似ていることからも親日感情は高いと言える。

日本語学校も数多く見かけるが、決して安くない。

1ヶ月5000~6000Rsとかなり高額にもかかわらず、

多くのネパール人が学んでいるのも事実である。


☆ さっきまで働いていて・・・・

病院に行く事の極めて少ないネパールの人々は、

死期が近づいていても知らずに働き続け、結局、働いている現場で亡くなったり、

病院に連れ込んだ直後に亡くなる事が多い。

貧困から来る問題ではあるが、あまりにも無残である。


☆ モーターバイクのヘルメットは?

運転する人だけがヘルメットを着用し、後部座席の人は着用すると違反になる。


ダウラギリ
  1. 2009/04/14(火) 12:34:29|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新銀杏旅館の進捗状況とチキンファーム‏

画像にてお知らせします。

これは一棟目ですが、二棟目も5月末には完成します。


DSCF2551.jpg

DSCF2565.jpg

DSCF2610.jpg

DSCF2612.jpg
  1. 2009/04/08(水) 20:18:25|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (330)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード