ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

交通事情:ストライキの発生原因とは?

1月27日(火) 天気:快晴 気温:12℃ 湿度:55%



☆旅行者泣かせのストライキ(バンダ)

今回はネパールにおけるストライキの発生原因と仕組みについてお知らせしたい。

ここネパールでは、交通事故は結構多く見かける。

しかし、保険の仕組みがまだまだ行き届いていない。

従って、もし事故が起きたら「示談」となるが、これがなかなか解決しない。

警察も当然介入するが、「まず話し合って」と言うだけである。

お互いに「私は悪くない」を主張して時間ばかりが経過する。

その間、交通は全て遮断される。これが事故のバンダである。

昨日も単車とバスの事故で単車の2人の内、一人は死亡し一人は重症で病院に運ばれた。

1日で解決する場合もあれば、2~3日かかる場合もあり、

何時解決するのか誰にも分からないのが実情である。

前例があればそれに従うのが普通であるが、無い場合(初めての事故のケース)は困難を極める。

事故を起こしたバスは直ぐに「焼かれ」てしまう。

これには驚きである。

ネパールの主要幹線道路では時々「焼かれたバス」を見る事ができるが、

事故の原因がどちらにあるにせよ、「焼かれるバス」は災難である。

ここでは、結構高価なバスである。

中古のバスでも100万円以上する。

それを焼かれるバス会社も大きな損失である事には間違いない。

さらに、死亡した遺族への保障など大変なお金が動く。

一方、交通手段を絶たれた乗客は、全て「徒歩」か「待機」を余儀なくされる。

長距離の場合には「「待機」するが、1~3時間で着くような場合には迷う事なく「徒歩」である。

「待機」となると、途端に周りの家から「物売り」が出てくるのも面白い。

果物やスナック菓子さらには「きゅうり」を切り売りしている。

3~6時間も待たされるのは普通で悪くすると、まる1日は待機である。

バスの中で睡眠をとる人、外で寝る人とさまざまであるが、

誰も文句を言わないのが不思議な国である。

インドを旅した方なら理解できるはずである。

インドではバスのエンジンを積み替える作業も

乗客を待たせたままで5時間~7時間しかも深夜の作業を行う。

大きな荷物、例えば引越しなどの場合、

(ここでの引越しは家財道具が少なく40Kg)くらいで全てである)

家族で担いでバンダの解除されている場所までを歩く。

これが、事故の場合である。

しかし、政府に対する抗議行動によるバンダでは、

事前に通告されるため、一切の交通機関が早朝からストップし、

移動が不可能になる。

この時、観光客は高いレンタカーでの移動となり、

旅行費用も大きく違ってくる事となる。

でもこれがネパールである。

これでも安全に確実な旅は保障されない。

日本の旅行会社が、ネパール旅行を出したがらないのは、

こうした交通事情も大きく影響している。

飛行機での移動には全く影響はない。

しかし飛行機を降りてからは特別料金のタクシーが待っていて、

ここでも大金を取られる仕組みである。

もしストライキでなかったら10分の1の値段で移動できる。

予定の立たない旅行では、旅行会社としては「販売」できないからである。

ここネパールは、日本からさほど離れていない。

(ヨーロッパの半分の距離)

しかし「高い」旅行先である事に間違いはない。

ここに来る旅行者は同じ行程での旅費に、さまざまな値段があり、

安く・上手く行く人・膨大なお金を支払う人、とさまざまである。

やはり、事前の調査を怠らない事である。

特に日程の決まった旅行の場合には結構大金が必要である。

なぜなら値段交渉ができず、動いている車は限られていて選択の余地がないからである。

短期間の旅で激安の旅は、極めて危険であるばかりか、

帰国日にも帰国出来ない人たちも多いのが、ネパールの旅である。

しかし、それが「ネパールでの旅」と割り切ってしまえば問題にならない。

添付写真はバンダ中のトラックの列。

DSCF0996.jpg


では次回「ネパール通信」まで

スポンサーサイト
  1. 2009/01/29(木) 11:24:27|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電力事情と交通事情‏

1月20日(火)天気:快晴 気温:10℃ 湿度:62%

☆大変です!

今回はネパールにおける電力事情を中心にお伝えしたい。

以前から電力事情は良くなかったが、今年に入り特に停電の頻度が激しくなり、

生活はもちろん、市民の唯一の娯楽施設でもある「映画館」が

ゼネレーターでの運営を余儀なくされている。

朝8時から来る電気は12時には切られ

午後4時再び通電されるも、午後8時には切られる始末。

1日8時間しか動かない。

仕事は午前10:30分にはじまり午後4時には終わる。

通電時間の4時間が実際に動ける時間となる。

役所関係の仕事を進める上では、極めて困難な状況と言わざるを得ない。

インターネットもネット屋さんが店を閉め、ラップトップのパソコンでないと配信できないが現状である。

以前購入したインバーターも8時間のリチャージでは必要な電気を確保できず、

今はソーラー電力を検討している。

耐用年数の事もあるが、それを考える余裕さえない。

しかし、村ではほとんど必要のない電力である。

ここで、面白い事実を発見した。

先日、バラビシに出かけた折に、ここでは全く停電が無い事を発見。

なぜ?

何人かに聞いたところ、4か月ほど前にバラビシの人たちが

電力会社の社長をトイレに4日間軟禁して

バラビシでの停電を止めさせた。のが原因である、との事。

理由はこの地域には2つもの大きな発電所をかかえており、

なぜ停電なのか?との村人の怒りと要求に応じたもであるとの事。

それにしても「トイレに4日間」軟禁された社長も災難であろう。

それで、解決出来るネパールである。

その一つの発電所の電気が全てインドに売られている事もお伝えしておく。

都会では学生によるデモが発生し、大使館では外出を控えるよう訴えてる。

観光シーズンのこの時期、観光客の姿もまばらで淋しい限りである。

町に出なければ全く問題のない状況であるが、

旅行者にとっては大変な環境である事に間違いはない。

パソコンや大きな電力を必要とする人々が極めて少ないため、

この問題をさほど大きな問題にしてないのも事実である。

一方交通事情はと言うと、こうした問題もそうであるが、

全ての問題解決の手段として「公共交通機関」のスト「バンダ」が実施される。

これが、交通事故の示談から政府への抗議に至るまで全てがストで解決される。

これが今のネパールであるが、一般旅行者にとって

「交通機関」の予測できないストは極めて辛い事である。

だから旅行者も年々減少しているのも事実である。

では、次回「ネパール通信」まで
  1. 2009/01/21(水) 11:14:18|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍事?

1月14日(水)天気:快晴 気温:12℃ 湿度:64%



☆ネパールだから・・・・

今回は、みなさんにネパールならではの話題を提供したい。

事の起こりは、私の「歯」からである。

二十数年前に治療した左の奥歯(虫歯を治療後金でかぶせて修理)が

ダルバートを食べて居るときに外れたが、

咀嚼の際「違和感」を感じなかったため、飲み込んでしまった。

その時、ミナ曰く「トイレに行ったら流さないで!」との話に一瞬何の事か分からず、

再度聞き返したくらいである。

彼女は私の「金の義歯」を便の中から探すつもりでいるのである。

これには、いかな私でも抵抗があり「それは無理だよ」と説得したが聞かず、

その日から、私がトイレに行く度に「流さないで!」と言いに来る始末。

仕方なく、用を済ませて出て行くと直ぐにミナが入れ替わりに入ってきて

「???・・・」私は自分の部屋で本を読んでいたら、

にこにこしながらミナが入ってきて、「今、煮沸してきたよ」と言って

ティッシュに包んだ小さな包みを投げてよこした。

開いてみると、全く損傷のない私の「歯のクラウン」であった。

翌日カトマンドウへ出かけ、今まで絶対にここネパールの「歯医者だけには行かないぞ!」と

言っていた「歯医者」へ向かう。

小奇麗そうな一軒の歯医者に目星を付け、さらに勇気を出して入って行くと、

カーテンの向こうから若い医者?が「どうした?」と顔を出した。

事情を説明して治療にとりかかったが、途中で「どの接着剤を使うのか?」と聞いてきた。

「わはぁ~!」そんなことは初めにいってくれよ~!

結果500Rsの極上の接着剤で治療してもらった。

現在の私の奥歯のクラウンは「私の体を通過して」再び元の位置に納まっている。



さて、ラムチェ村でのチキンファームについてお知らせしたい。

当初、37家族の家にそれぞれチキン・ヤギを渡し飼育してもらい、

成長したらいたら販売してそのお金をまとめて銀行に入れる。

そして子供たちの学費に当てる予定であったが、

管理が難しい事と彼らに「共同組合」的考えは理解しがたい事から、

私たちグループで管理して学費を作る事とした。

村の中でも極めて協力的なミナちゃんの家族にチキンファームの管理をしてもらい、

給料を支払い育成する計画である。

最初は20羽から始め、半年後には60羽1年後には150羽を越えている計画である。

餌代・管理費・販売先への運搬を含めミナの家族が対応してくれる。

一方、「編み物教室」は連日75人の女性が練習に来ていて、

先生のビヌ・レヌカの両先生は多忙を極めている。

しかし、このお陰で「練習用の毛糸」が不足し、

現在30Kgを越える材料と編み棒を送りこんだところでもある。

2か月後(2月末)には第一期生が卒業するが、

ラムさんからのオーダーに対応出来る女性が何人いるのかは疑問である。

この教室は3期成までを計画しているが、要望如何では続投もありうる。



では次回「ネパール通信」まで


  1. 2009/01/14(水) 16:11:06|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チキンプロジェクト概要‏

1月2日(金)天気:快晴 気温:10℃ 湿度65%



新年を迎え、志新たに新事業に着手するにあたり、

その概要についてお知らせしたい。

以前までのチキンプロジェクトは、37人の家族に

それぞれチキンとヤギを与え(合計100,000Rs)

各家庭で管理運営して販売可能な重さになったら、

集めて販売する方法であった。

しかしこの方法には多くの問題があり、管理体制が確立しない事が判明。

従って、私たちグループが一括管理して運営にあたり、

飼育から販売まで一手に引き受ける事とした。

これが可能になったのはMinaの家族の全面的な協力が決めてとなった。

飼育に必要な、土地の提供からチキンファームの建設に至るまで、

家族の協力でスタートする事になった。

約1ヶ月後(2月はじめ)にチキンファームが完成し、

20羽のメス(成鳥)2羽のオスでスタートする事となった。

ファームの建設費用に、約2万Rs、鶏の購入費用に11000Rsで合計31000Rsの計画である。

さらに、ランニングコストとして餌代が毎月500Rsと

管理人の給料が月に2000Rsとなり、

実際販売可能な状態になるまで、約半年は投資である。

しかし、その後長期間毎年100、000Rsは純益として上がってくる。

これを、支援事業に当てて行く計画である。

こうした形での支援作業は他でも多く聞かれるが、

実際行うのははじめてである。

みなさんには是非視察を含めて、ラムチェ村へ来ていただきたい。

さて、ネパールにおける「お正月」は全く普段の生活と変わりなく、

この行事を祝うのは、外国人の多いタメル地区や

ポカラでのレイクサイドに限られた行事である事をお伝えしたい。

もちろん、クリスマスも同様であり、ここの最大の行事は

10月に開催されるダサイン・ティハールがここの「お正月」にあたる。


では、次回「ネパール通信」まで

Ramucye35_convert_20090103214504.jpg
  1. 2009/01/03(土) 21:43:26|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (329)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード