ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

今後の計画‏

11月22日(土)天気:快晴 気温12℃ 湿度:?



☆今までとは、異なるカーストの村へ・・・

来年からは、3つの村の支援作業(子供たちが家族の力で学校に通えるための、

収入を得る仕事づくり)に入るため綿密な日程管理が必要となる。

ラムチェ・ポカリナランタン・バルワの村は共に極貧部落の村である。

中でもバルワ地区はカミカーストよりも低いカースト:ダナワールであるため、

その生活には想像を絶するものがあると考える。

いよいよ、本格的な取り組みとなるため、準備を怠らないよう今から計画するが、

そのためにはミナにも手伝ってもらい、それぞれの村の調査日程を計画。

さらには結果報告と支援内容についても彼女と議論し、

各村の「村長や校長先生の意見を取り入れた」支援内容に組み立てる。

支援の規模も同時に組み込んでいく予定である。

一方、来年春で3年を経過し最後の支援となるラムチェの27人の子供たちについては、

既に各父兄に知らせてあり学校にも連絡済であり、

今年入学した11人は引き続き支援対象である。



さて、ここネパールでのカーストについて少し記載していきたい。

低いカーストの中でも、高い順にカミ・ダマイ・ダナワール・チャーメィ・ポーディ

これらのローカーストの人たちの中でもチャーメィ・ポーディの人々は汚れた仕事、

つまり、トイレの掃除や汚いゴミなどを扱う仕事のみであり、

他の仕事はない。もちろん学校など考えもしない。

カトマンドウの街中でも何時でも見る事が出来る。

毎朝各家庭から出るゴミを集めに来るのは「彼ら」である。

街中や村でも然り、これらの仕事をしている人々は全てこのカーストである。

インドの「アンタッチャブル」不可触民(カースト以外の人々)と同じである。

しかしネパールには彼ら「不可触民」のカーストがある。

一般的に、こうしたカーストの人々に触れることや話す事を嫌う。

タマンの子どもでさえ、親から叱られる時「チャーメィ・ポーディ」に渡すよ!

と言って親から叱られるくらいである。

文字通り、彼らに触れる事は自分も汚れるとの考え方である。

また、カミの人々は「鉄」を扱う仕事をしている。

いわゆる加治屋さんである。

この仕事以外にない。

なぜ、こうした差別をするのだろうか?

貧困だからこうした差別をすることで「救われる」とでも考えているのだろうか?

タマン・チェットリなどのカーストは100近いカーストの中でも

「中の上」といった位置にある。

わずか2800万人の国で、こんなに分けられていて問題は無いのだろうか?

近日中に向かうバルワの村ではダナワールの人々が暮らす村であるが、

どんな生活なのかは調査以後報告したい。

添付写真は、ミナちゃんが私の食べる「野菜」を植えているところである。

(野菜は出来る限り自家製を目指している)


IMG_0105_convert_20081124141643.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/11/24(月) 14:22:20|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールに戻って・・・‏

11月17日(月)天気:快晴 気温:10℃ 湿度:65%



☆バラビシの「編み物教室・開校準備」

11月12日に関空を出て、ソウル経由カトマンドウ行きの飛行機は「大韓航空」である。

乗客も韓国の方が多く、日本人はほとんどいない。

ただ、空港の待ち時間が11時間ほどあり、深夜であるために売店は全て閉まってしまう。

他の空港は24時間開いている店も多くあるが韓国では閉まってしまうため要注意である。

日本から持ってきた「おにぎり:4個」が空腹を満たしてくれた。

空席も目立ち、ソウルからは横に寝ることも出来た。

ラムさんの情報では、新品のパソコンやデジカメは一人一台と制限されたとの事で、

カトマンドウでのチェックが気がかりであったが、何のチェックもなく税関を通過できた。

空港では「ミナちゃん」が待っていてくれ、タクシーを待たせて

おいてくれ、一気にサンガの家に帰る事ができた。

流石に疲れが出て、まる1日を寝てすごした。

翌日、3時間のバスは少々疲れるが、当初の約束もあり

「バラビシ」に出向き事前にビヌさんが予約していた教室を下見。

小さい部屋だが、20~25人の生徒を教えるには手ごろな広さである。

部屋の備品を購入(ビニールシート・絨毯)さらに看板も発注して、その日の内にサンガに戻る。

来週には新たに支援する村「BALUWA:バルワ」に出かけ、調査に入る。

もちろん以前から調査していた「ポカリナランタン」にも出かける予定である。

添付写真は編み物教室をするための家(シャッターの家)である。



では次回「ネパール通信」まで

IMG_0098_convert_20081117173521.jpg
  1. 2008/11/17(月) 17:35:01|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

08年のデンマークを後に・・‏

11月6日(木)天気:霧? 気温:4℃ 湿度:?



☆デンマークでも耳にする「子どもたち」の危機

ここデンマークを去るには、淋しい感じのする天候ある。

約5ヶ月間はこうした「霧の中」の生活が続く、と言っておられたビビーさん夫婦であるが、

それぞれに「仕事」があり「認め合い・尊敬」されているお二人である。

素晴らしいご夫婦である。

このお二人も、来年には必ずネパールに行きたいと話しておられた。ありがたいことである。

一人でも多くのみなさんが私たちの活動の現場を訪れていただけるのは、何よりも心強い事である。



YA666便・YA077便と乗継、関空へ向かうが、

昨年のフランクフルトでの「荷物重量」でオーバーチャージを取られた事が

頭から離れず、慎重に重量チェックを行う。



さて、前回まで配信した「ネパール通信」では

「世界の子供たち」に対する危機を訴えて来たが、

この事を直接肌身に感じていただける方が何人かは居ると思う。

「子どもは人類の宝」と考えると、少々わんぱくな子どもも「可愛いく」思えるから不思議である。

世界では、毎秒のように亡くなっていく・奪われていく

「幼い命」。

政治や経済、さらには国境を越えた「命」の尊さを今こそ知るべきであろう。

「日本は大丈夫」と考える方も多いが、決して他人事ではない。

「子供たちが姿を消した公園」の多い事を、子どもの声が聞こえない、

淋しい「年老いた私たち大人」を考えてほしい。

日本の社会が環境だけが「子どもを少なく」しているのではない。

地球レベルで「激減」しているのである。

11月7日朝には関空に帰国し、「編み物教室」の今後を進めるべく

ネパール人のラムさんとのブランチショップの調整や

教室の「開校式:11月20日」の打ち合わせなど、短時間でこなす仕事は多く残されている。

11月12日には日本を後にし、ネパールの活動現場に戻るが、

新たな支援現場となる、「ポカリナランタン」の村や

「チョウタラ」の村は、今までの村(ラムチェ村)とは考え方も習慣も異なるため、

最初は勉強からはじまる。

もちろん、スティする場所や食事の心配もあるが

「ここで生きている・生活している」人たちが居れば、

それは問題にはならい。



では次回「ネパール通信」まで


DSCF0381_convert_20081106212446.jpg
  1. 2008/11/06(木) 21:25:37|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンマークからの第二報

11月3日(月)天気:曇り 気温:4℃ 湿度:?



☆「まごころ」の温かみ

ユッディーさんの家からビビーさんの家に来て3日が経過した。

この間、彼女の日常の仕事を度々垣間見る度に「全てが、ゲストへの心配り」を感じた。

音楽家(67歳)と陶芸家(64歳)のご夫婦は、共に近い年齢にも関わらず、

外国人である私を迎えることに何の抵抗もなく受け入れてくれた事に感謝したい。

これだけの年齢の人々で、ここまでの対応が出来るのはやはり国民性だけではない。

彼らの「まごころ」があればこそ、と感謝している。


さて、ここでの冬はほとんどが「曇り」の天気が多い

中、ほとんどの日程で「快晴」が続いたのはラッキーである。

私たちの活動が、ここまで「人の心を開いて」くれたのは

やはり多くの支援者の方々の「力」でしかない。

感謝・感謝の毎日である。

昨日は、近隣の友人も交えてワインを飲みながら、

最近のデンマークでの「子供たち」について話題になり、

日本だけでなく世界の子供たちの考え方が変化してきた事を知った。

「親の考えも昔?とは変った」とビビーさんは嘆く。



前回に引き続き「世界の子どもがもし100人の村だったら」を掲載する。



「世界の子どもがもし100人だったら」(マガジン ハウス)

9人は戦火の中で暮らしています。

軍隊や武装集団にくわわっている子どもは30万人です。

男の子や女の子は、雑用をさせられたり

大人の兵士の先に立って、地雷原を歩かされたりします。

人を殺すことを強いられたり、レイプされる子どももいます。





戦争で命をうばわれる市民100人のうち80人は女性と子どもです。



世界の若い女性を100人とすると

36人は子どものうちに結婚します。

世界のお母さん100人のうち40人は、避妊の方法を知りません。

1人は、妊娠やお産のために亡くなります。

貧しい国だけだと、100人のお母さんのうち6人が亡くなります。

そのうち3人は、まだ子どもです。



10代の女の子が亡くなる原因のうち

もっとも多いのは、お産です。

若すぎるお産のために体をこわし

社会や家族からうとまれる女性が、たくさんいます。



子どもが、子ども時代をうばわれることは、

人生が生きのびるのに欠かせない

しあわせの記憶が、うばわれることです。



人類が、子どもを失うことは、人類がそなえている

はずの内なる子どもの輝きを失うことです。



添付写真は、音楽家のご主人が陶芸家の奥さんにバイオリンを教えているところ。

そして、彼女の工房である。


DSCF0318_convert_20081103215217.jpg


DSCF0320_convert_20081103215238.jpg


DSCF0325_convert_20081103215258.jpg
  1. 2008/11/03(月) 21:57:52|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンマークより活動報告

昨日はユッディーさんの学校にて
3クラスの生徒さんに「ネパールでの活動状況」をお話してきました。
(日本語はデンマーク語に翻訳して)

職員室では校長先生はじめ、多くの先生方に紹介され
ここでのユッディーさんの信頼の度合がうかがえました。
夕方、先日日本に来られたビビさんやユッディーさんが
所属する団体のみなさんによる、「病院での慰問活動」にも行ってきて、
私も「出船」を歌ってきました。

今日は、村の集会場での「ネパールの報告会」です。
素敵な集会場ですよ。
添付写真は彼女の学校での様子です。


DSCF0105_convert_20081102100358.jpg


DSCF0110_convert_20081102100323.jpg


  1. 2008/11/02(日) 10:02:37|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (318)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード