ネパール通信

ネパールでのボランティア活動報告を通して、生きた現地情報をお伝えします。

何が・誰が真実なのか?

8月24日(日)天気:晴れ 気温24℃ 湿度65%



☆ 疑心暗鬼!



今回は、かなり精神的に疲れる話題をお伝えしたい。

先般「ネパール通信」の読者から「何時までもガンバッテ」とのメールを頂いた。

しかし、ここネパールでは支援活動をする上で必ず必要となるスタッフの問題が後を絶たない。

信じていたスタッフからも、周りの支援している家族からも

「お金」「お金」の言葉ばかりを耳にする。(気にしなくても)

買い物に行ってもらっても「お釣り」が返ってこない。

自分で行く時間もない。

今日から明日まで、2日ほど家を留守にするために

野菜を買うお金を置いていかねばならないが、

さてはて「どうしたものか」置いてある、

油・砂糖・冷蔵庫の中身などはどう使われても仕方ないと覚悟した。

したがって自分で野菜を買い、家に置いてきた。

大切な物の置いてある部屋には必ず「鍵」を掛けるのが最善の策である。

彼らにすれば、「金のなる木」である「私」との見方しか出来ないらしい。

これが、「編み物」を習いに来ている二人である。

「悪い」と言う考えがないから、始末が悪い。

以前にも書いたが、「叱る」と「怒る」は違う事を彼らには分からない。

全てが「怒っている」としか見られない。

「叱る:躾る」「怒る:自ら興奮し罵倒する」この違いは日本でも理解しない人が多い。

(母親が子どもを叱る時のような感じ)

この時の言葉のニュアンスが、相手の「愛」を感じるものかどうかによる事は言うまでもない。

「愛」を感じれば「叱る」になり、感じなければ「怒る」になる。

ネパールでこの違いを理解させるのは、至難の業である。

ヒンズーの教えの通り、「富めるものから貰うのは膳」なのか?



明日からナマブッダ地区の「ポカリナランタン」に出かけるが、

この村は一番低いカーストの「カミカースト」の多い村である。

彼らの職業は主に「鍛冶屋」や「縫製」の仕事をしている。

ここでもやはり、同じ考え方である事は間違いない。

だが、「貧困」はひどい!

劣悪な環境での生活は、人々の考え方を先のように変えるのに時間を必要としない。

「嫉妬」「怒り」と言った最も難しい感情を乗り越えなければ、生活すら間々ならない。

単に「観光」であれば見えない物が、生活すると、一度に吹き出てくる。

さらに、大きなお金を使う時には直ぐ後で、必ず問題が生じる。

誰が、幾ら「ポケット」に入れたのかが、その焦点である。

聞くのも辛い、なぜなら自分で出したお金で、みんなが争う。

こんな事をしながら、共に活動しなければならないのが、ここの実態である。

「辛い」の一言である。



「子ねこ」の「花子」と「桜子」が慰めてくれる毎日である。

時々近所の店から「干し肉」を失敬してくるが、店の主人は怒らない。

後からお金(10Rs)を渡してくるから。


[_002_convert_20080825003757

スポンサーサイト
  1. 2008/08/25(月) 00:43:38|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岐阜ネパール会について

筋田さんの活動を支援している岐阜ネパール会についてご紹介します。

下記に活動内容が記されていますので、興味のある方はぜひご連絡ください。

*****************************************

ネパールは国土の約8割が山岳地帯で、

農業、繊維業、観光以外に目立った産業がない極貧国です。

多くの人々は農業をしながら生活していますが、人口に対して耕地面積が狭いため人は溢れ、

男性は街へ出稼ぎに、女性はほとんど山から下りず生活しています。

たとえ下りたとしても仕事はありません。

子どもは家が貧しいため学校へは行けず、水汲み、

家畜の世話、幼い弟、妹の子守などをしています。

「貧困」という環境が教育の遅れを生んでおり、いまだに国民の50%以上が

「字を読めない、書けない」状態です。


<岐阜ネパールの会とは>


このネパールの首都カトマンズから西北へ

100キロの3000メートル級の山の中腹にあるラムチェ村には、

学校へ行けない子供がいいまだにたくさんおり、

その親たちも固定収入がないことから、学費等を払えないでいます。

ネパール在住の筋田氏は、ラムチェ村の子供らを一人でも多く

学校に通わせたいという一心から活動を開始しました。

同時に、日本でも、筋田氏の活動を支えるべく、岐阜県内の有志が集まって、

岐阜ネパール会が発足しました。


<主な活動>


①フリーマーケットでのネパールの手工芸品の販売


極貧の村の女性たちが技術を習得し、ひとつずつ手作業で仕上げた

綿、麻、シルク、ウールなどの天然素材の製品を、岐阜ネパールの会では、

フリーマーケットで販売、その収益をラムチェ村の支援に使っています。


②学校へ行けない子供たちの教育支援


ラムチェ村には、経済的事情で学校へいけない子供、

子守や親の手伝おいで学校へいけない子供が、たくさんいます。

また、学校へいっても学用品不足から、満足に授業が受けられません。

岐阜ネパールの会では、皆様からのお志をラムチェ村の子供が一人で多く、

学校へ通えるようするために、役立たせていただいています。


③ネパール在住の筋田雅則氏



筋田氏は、岐阜県各務原市出身。

若いころから登山でお世話になったネパールへ恩返しをしたと思い、

山仲間と学校づくりを始めました。

2007年3月定年退職となり、本格的なネパール支援のため、

ネパールへ単身移り住んで、貧しいラムチェ村の支援活動を始めました。




<募金のお願い>



子ども一人にかかる学費は年間5,000ルピー(約1万円)、

仕事のない「女性」が仕事を得て現金収入を得ることができれば、

経済的に自立し、子どもを通学させることができます。



岐阜ネパールの会 (代表)  筋田 百合子

jyosama@hotmail.co.jp


当会の支援活動、山村での子供たちとの触合いや、

ヒマラヤ山脈のトレッキング、サガルマータ、チトワン国立公園など

世界遺産への旅など、ネパールに興味のある方々、当会までどうぞお気軽にお尋ねください。




*****************************************

募金にご協力いただける方は、上記メールアドレスまでご連絡ください。

追って振込先をご連絡いたします。よろしくお願いいたします。


  1. 2008/08/24(日) 01:12:25|
  2. 管理人よりお知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

形在る物は何時か砕ける

8月21日(木)天気:曇り 気温:21℃ 湿度:65%


☆この程度で「めげては」・・・・・


引越しして3週間、6ヶ月の予定の借家住まいである。

この間に新「銀杏旅館」を建設。

今日は設計技師との話し合い。

政治情勢はマオイストの党首であった「プラチャンダ氏」が

総理大臣の席に着くことになったが、各国の思惑とは大きく

異なる彼の考え方が、どこまで支持されるのか見極めたい。



諸物価値上がりの中、どんな舵取りでネパールを引っ張って

行くのか、先が見えないだけに心配する各国の大使も多い。



一方我が家は言うと、これまた戦争状態である。

ハンドクラフトの二人は、まだ私との生活が1月あまりで

「私と言う人間」を理解していない。

昨日も、コップを洗うブラシがトイレの中に置いてあり

「これは誰が持ってきたのか?」と聞くと

ターツアイナ(私は知らない)との返事。

「これはキッチンで使う物」だと教えても

今までに使った事のないものは「分からない」のが普通である。

従って手取り足取り教える事になるが、

下手な英語とネパール語での教育?では本当に伝わったのか、

疑問が残るばかりである。

日本から持っていったクリーナーも変圧器を通して

コンセントを差し込まないで「いきなり」220Vに接続。

大きな音とともに「きな臭い」匂いが漂った。

「しまった!」と思ったがもう遅い。

新たに4700Rs(約8000円)で掃除機を購入する事になった。

「扇子」にいたっては「珍しさ」で触っていたが、

突然「バッキ」と竹の折れる音。

開き方を知らない彼らに「怒って」も仕方がない事である。

でも5000円の扇子は痛い!

しかしである。



これで「めげては」やっていけない。



多くのボランティアに群がる「詐欺師」たちが

一挙に大金をつかもうと狙っている。

最初はきわめて親切であり、信用していたら

突然「お金と共に去りぬ」なんて事は常にある。

土地も家も取られて「追い出される」ケースもあとを絶たない。



こんな国だが、日本の捨ててきたものが数多く残っている。

「自然」・・・これは人類が始まって以来、文明の発展と共に「破壊」してきた。

再生可能な程度なら許せる。

しかし、再生不可能なまでの破壊は「地球」そのものをも「破壊」する。

人の住めない地球に、いったい誰がするのか!

私を含めた、地球に住む多くの人間である。

誰もが、出来る事から「一歩づつ」取り戻す事が、今出来る最大の改善策だと考える。

やるのは誰でもない「自分」である。

こうしてパソコンで配信するメールは、現在「ネット屋」からの配信に頼っている。

写真は貧困家庭の女性の将来を担う、

ハンドクラフトの二人とラムチェ村で支援している子どもたちである。

123_convert_20080821141841.jpg


1234_convert_20080821141655.jpg






  1. 2008/08/21(木) 14:11:38|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後は自分で!

8月15日(金)天気:快晴 気温:24℃ 湿度:60%



☆ 生活習慣の違いに悩む・・・



騒音と雑踏・埃とゴミの山から逃れ、ここサンガに引っ越して二週間が経過した。

しかし、家具や衣類は納まったものの、何が何処に在るのか

全く分からない状態である。

妻が居てくれれば全てを任せられるのだが、それもならず。

手芸を習いに来ている「ビヌちゃんとレヌカカちゃん」では

日本式整理?が出来ない。

山のように衣類を重ねて、積み上げてしまう。勿論「しわくちゃ」の状態である。

スモールミナちゃんには少しばかり教えてあったので、彼女が私のスーツ類は整理してくれた。

肌着はパンツも靴下もシャツも一緒になってダンボールの箱に入っていた。

最悪なのは、まだ湿っているのに回収して重ねてある事である。

村ではそれで十分なのである。

なぜなら今直ぐに片付ける(洋服タンスなどに)訳ではないから。

夜、一人でこれの整理に追われていたが、スモールミナちゃんが覗いていて、

「私も手伝う」と言って私のたたんだ衣類を見ながらやってくれた。

そのミナちゃんも先日ラムチェ村に帰って行った。

(学校が始まるため)

ネパールでは、(特に村)衣類を入れる場所がない。

従って、軒下に重ねて掛けてあるのが普通である。

ダンボール箱に入れるだけでも、「良しと」しなければ。

これを書いている今も、小山に積み重なった衣類がすぐ横に置いてある。

「まあいいか」と諦める。


222_convert_20080816230516.jpg



土地の購入からアドバンスハウスの決定まで全てが「自分」である。

誰かに任せる事は出来ない。

多忙な毎日が続き、精神的にも体力的にも「へとへと」の状態でベッドに転がる。

すぐに「熟睡」。これは私の特技かな?

しかし、朝は決まって午前4時半には目が覚める。これは年のせいだと思う。

これ以上早く起きるときは「目覚まし」に頼る。

今月最終日から、いよいよ「銀杏旅館」の新築工事が始まる。

毎日のように現場に出向く事になるが、人海戦術で作る

「家」は結構楽しみでもある。

機械は全く使わない、文字通り「人の手」だけで積み上げていく外壁、

さらに木材も「くぎ」などを一切使わない。

見ていても面白い作業である。

この間にも「手芸教室」は続く。

9月終わりには2人の先生が誕生する予定である。

11月中旬には手芸教室をバラビシに開設し、

20~30人のラムチェ村やその他の村から女性を募り、スタートする。


111_convert_20080816230433.jpg



この時には彼女たちに「給料」を支払い(2500Rs/月)

4ヶ月ほど続けてもらう予定である。

一人でも多くの村人に覚えてもらい、現金収入の道が開ける事を願うばかりである。

9月2日に来られ、ラムチェ村に行って下さる学生さんの

受け入れ準備をしながら、新築工事・荷物の片付け・手芸教室を進める事は

ネパールの人には出来ない。

一つでもなかなか出来ないのに・・・・・・・



ちょっと愚痴になった感があるが、ご容赦願いたい。



今日は58Kgのジャガイモを1Kg10Rsで購入した。

580Rs=900円ほどである。(安い)





  1. 2008/08/16(土) 23:11:15|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ネパール通信」引っ越しは苦労の連続!

8月11日(月)天気:曇り:気温:24℃湿度:62%



☆6か月間の仮の宿へ

やっと、メールを配信出来る環境を整備した。と言っても

「無線ラン」でのメールのやりとりは、一人二人はできるが

多くの人たちに配信する事は不可能である。

一日にほんの少しの時間しか接続出来ない。

金額も携帯電話代と同じで、とても無制限にはやっていられない。

携帯電話のパソコン版と言ったところである。



「自然が多いと言う事は、文明から遠ざかる事に等しい。」



カトマンドウでは気楽にメールが出来たが、ここサンガ村では、なかなか接続する事が難しい。

と云うのも、ネットワークのラインが来ていないため「無線」を使用しての配信になる。

遠くから引っ張ってくると、とんでもなない金額が請求事になる。

多くは、電話回線を使ってのメールになるが、まだ電話線を

引いていないため「ネパール通信」の配信が遅れている。

近日中には電話回線を設置予定である。(大家さんの話)



従って「無線ラン」を使う事になったが、何せ初めての経験であることに加え

(接続がままならない)事が最大の難点である。

現在こうしてメールしているのは「インターネットの店」まで出かけて行き配信している。



引っ越しの最中にも「編み物教室」はやっている。

二人には早く覚えてもらい、多くの生徒に教えてほしいからである。

ラムチェ村の3人の協力で、4回ほど荷物を運び込んだが全く整理が出来ていない。

整理だけはやはり自分でやらないと何処に何があるのか全く分からなくなってしまう。



こうした中、九州の学生さんが6人ほどラムチェ村に来てくれる。

本当にありがたい事である。

子供たちも「首を長くして」待っている。

しかし、忙しい事この上ない。

雨季の最後になる9月は、日本でも秋の様相が伺えるが、ここでは紅葉なるものがない。

乾季の訪れを「ヒマラヤ」が教えてくれる。

素晴らしい展望が望めるのが、9月終わりから翌年の3月ごろまでである。

しかし、ネパールの人々にとっては日本の紅葉と同じように、

「当たり前」の景色である。

カトマンドウからバスで1時間ほどのここサンガは、カトマンドウ市内から東に一歩出た位置にある。

「緑と綺麗な空気と静かな村」と言った感じの環境。

左下にはバクタプル・正面には大きな「シバの像」が建てられている。

さらに右下にはバネパの町並みが望める絶好の場所。

時々「ゴザインクンド」の白い峰々が望めるのも雨季の終わりを示しているからだろう。

ここを基地にして、8月末から徒歩で数分の少し小高い場所に

新「銀杏旅館」を建設することになった。


サンガのアドバンス[2]..



来週には、ラムチェ村の子供たちに会いに出かける。

農繁期を終え、始まったばかりの学校で37人の子供たちが待っている。

では次回「ネパール通信」まで





  1. 2008/08/13(水) 09:15:24|
  2. ネパール通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

筋田 雅則

Author:筋田 雅則
20代半ば、岐阜県山岳連盟の
カシミール遠征隊へ招聘
その帰り、初めてネパールへ立ち寄る。

その後、ネパールの同宿の山仲間と、
「学校づくり」を開始し約30建設
ネパール支援を何十年も繰り返し、
定年退職後、ネパールへ移住。

現在はカトマンドゥ在住、
ラムチェ村を中心にボランティア活動を行う。

ブログでは、ネパールでの
ボランティア活動報告を通して
生きた現地情報をお伝えしていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ネパール通信 (323)
管理人よりお知らせ (6)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード